初心者でも入りやすい福岡屋台のおすすめ店3選【博多豚骨ラーメン編】

初心者でも入りやすい福岡屋台のおすすめ店3選【博多豚骨ラーメン編】

福岡・博多といえば屋台!屋台といえば博多ラーメン!全国的にも福岡の名物である博多ラーメンは、硬さを選べる細いストレート麺と豚骨スープが有名ですが、中でも店舗で食べるラーメンとは一味違うのが屋台で食べる博多ラーメンです。でも、初めて屋台に行くときはどこに行ったらいいのか迷う方も多いと思います。そこで、今回は「初心者でも安心していける屋台」をテーマに、老舗店の魅力に注目しご紹介します。

福岡屋台が集中しているエリアはどこ


福岡の屋台は、天神エリアと中洲・博多エリアに集中しています。「天神エリア」は、観光客に加え、サラリーマンや仕事帰りの福岡在住客、「中洲・博多エリア」は主に観光客と常連さん達が多いようです。

福岡屋台の最近の傾向〜約100件の多種多様な屋台


過去に“原則一代限り”というルールで廃業した屋台も多かった福岡の屋台ですが、屋台を残すためにこのルールを見直し、平成25年に福岡市屋台基本条例が制定され、新規参入の道が開かれたことから現在の福岡屋台は何十年も続いている老舗屋台をはじめ、屋台バー、ラーメンだけではない居酒屋屋台、フレンチや多国籍の屋台やコーヒー屋台まで!約100件の多種多様な屋台が博多の街を賑わしています。

老舗だから安心!初心者が行きやすい福岡屋台の博多豚骨ラーメン3選

観光客はもちろん、福岡に住んでいる人にもおすすめしたい屋台の博多豚骨ラーメン。特に初めていく時は、どこにいったらいいか迷いますね。そんな時におすすめしたいのが、老舗屋台です。そこで今回は下記、老舗の安心ポイントと基に3件ピックアップしました。

老舗の安心ポイント
☑価格帯が良心的で明確
☑常連が新規客に優しいので入りやすく楽しめる
☑メニューに”THE博多豚骨ラーメン”がある

まずは地元民にも愛されている老舗屋台の博多豚骨ラーメンを味わってみてくださいね。

天神エリア【屋台おかもと】/渡辺通


天神エリア、渡辺通のBiVi福岡前にある屋台おかもとがスタートしたのは1994年。28年続く老舗屋台として地元民に愛され、芸能人や有名人の人たちがSNSやブログで紹介する屋台としても有名。

ラーメンはもちろん焼き物やチャンポン、中華系のメニューも充実しています。人気店なので混み合っていることも多いですが、屋台は回転が早いので少し待てば入ることができます。

まずは、ラーメンの前におすすめ料理から。


「牛タンの炭焼き」1,400円

ラーメンに次ぐおすすめメニューは「牛さがりの炭焼き」「牛たんの炭焼き」「牛レバーの炭焼き」「あぶりめんたい」「豚足」などの焼き物。

冷凍肉を使わず、生の肉を切って仕込み、屋台で焼いていただく九州産の黒毛和牛は売り切れまでに間に合えばラッキー!ラーメンを待つ間に注文を。


「博多長浜ラーメン」650円

メニューの中でも特に豚骨スープのコンディションを常に最高の状態に維持できるよう気を使っていて、あっさりした味の中にコクが際立つ、豚骨が苦手な県外の方からもこれなら食べられると言われるぐらい食べやすい豚骨ラーメンです。

屋台おかもと
■住所:福岡市中央区渡辺通4丁目BiVi福岡前
■電話:090-3798-7347
■営業時間:19:00~翌2:00
■休:原則水曜休み
■席数:10席

中洲・博多エリア【屋台ぴょん吉】/祇園


キャナルシティ博多、第二キャナル(ユニクロ側)前にある屋台ぴょん吉(道路向かいのGS側に移動予定)。創業から今年でちょうど30年になる老舗。はじめは大将とお母さんコンビで始めた屋台は現在、奥様と2人で営業しています。

キャナルシティそばで博多駅にも近いとあって、近隣のホテルに泊まる観光客や、博多駅から櫛田神社や中洲エリア目当てのお客さん達が帰りに寄ることも。ビジネスホテルが多いこともあって、出張中のサラリーマンも多い。

地元の常連客はもちろん、出張や旅行で福岡を訪れたお客さんが、二度三度とリピートする屋台。数年ぶりに訪れたという方から、毎月きている人まで出張族の常連客が多い印象があります。

まずは、ラーメンの前におすすめ料理から。


「おでん」1個150円(2個より)

屋台のど定番「おでん」!ぴょん吉のおでんは、薄味のいりこだしで出汁をとった関東炊きのおでん。家で仕込んでくるおでんは家庭の味に近いです。個人的におすすめなのが「がんも」。ラーメンにも使われているキクラゲがたっぷりはいった手作りがんもは絶品です。

ちなみに私はおでんでじゃがいもを食べたのもぴょん吉がはじめてでした。(ホクホクでこちらも美味しい)


「ラーメン」600円

「創業して10年は試行錯誤していたけど、味が落ち着いてから20年ぐらいは変えていない」というぴょん吉の博多ラーメン。

全体的にあっさりした味ですがコクもあり、どちらかというとあっさりの中にコクが隠れているかんじ。絶妙のバランスであっさり&コクが同居してうまみを引き出しています。

ちょっとクセになってしまうラーメンです。

屋台ぴょん吉
■住所:福岡市博多区祇園5-1キャナルシティ前(道路向かいのGS前に戻る(移転)予定)
■電話:090-8406-6881
■営業時間:18:30〜0:00
■休:日曜・祝日
■席数:7席

天神エリア【ともちゃん】/昭和通り


創業なんと44年!福岡を代表するお笑い芸人おすすめとして紹介される事が多い屋台。芸人さんの来店も多いが、観光客や地元常連客などひっきりなしに訪れるので、お客さんが外に並んでいることがほとんど。

ただ、ともちゃんスタッフのテンポ良い接客で、他の屋台よりも少しだけお客さんの回転が早い印象なので並んでいても比較的すぐ入れます。

まずは、ラーメンの前におすすめ料理から。


「和牛サガリ」1,200円より

「和牛サガリ」「黒毛和牛牛タン」「黒毛和牛カルビ」など、屋台の前は精肉店を営んでいたともちゃんだから問屋さんから直で仕入れられる上質の肉を用意。

この質をこの値段で食べられるのはなかなかないんだとか。シンプルに塩焼きで自家製ポン酢でいただく肉は絶品です。


「ラーメン」700円

豚骨100%のラーメン。もちろん毎日火入れをしているスープはあっさりだがしっかりめの味。自家製チャーシューも味が濃く、ねぎたっぷりの豚骨ラーメンです。

製麺所から仕入れているともちゃんの麺は、少し太めなのかな?と思ったら、昔はこれが細麺だったそう!細い麺が流行りだし、年々麺が細くなっていますが、昔ながらの細麺はこの太さだそうです。

屋台ともちゃん
■住所:福岡市中央区天神1丁目14
■電話:090-3667-5782
■営業時間:18:15〜翌2:00
■休:月曜
■席数:10席

まずは老舗の味からチャレンジ!

約100件の屋台がある福岡屋台ですが、ラーメンの味も食べる人の好みもそれぞれ違います。混んでいない時なら大将にスープや麺のことを聞いてみるのもおすすめです。まずは、アットフォームな雰囲気で入りやすい老舗屋台のラーメンからはじめて、自分に合ったお好みのラーメンをみつけましょう!

THE WRITER

山内 亜紀子
山内 亜紀子
福岡の情報誌とWEBメディアにて編集・ライターを勤めた後、現在フリーの広報、ライターとして主に映画、グルメ、旅行、イベント等のコラムを執筆中。

火曜ドラマ
『夕暮れに、手をつなぐ』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE