たべごころ

日曜 25:20(再放送)

簡単!参鶏湯(サムゲタン)

コウケンテツさんによると、韓国では暑い夏にサムゲタンを食べる習慣があるそうだ。

「博多も山笠の直会で、鶏の水炊きが出されるよね」という事で、残暑を乗り切る

スタミナメニューとして、サムゲタンを簡単に作る技を教えてもらう。

鳥一羽のお中にもち米などが詰められているイメージが強いが、うまさを出すには

手羽で十分、とこうさん。もち米はゴマ油で和えて香りを出す。干しナツメ、ニンニク、

などと一緒に鶏ともち米を炊き込めば、韓国料理店にも負けないサムゲタンが出来る。

 
Today’sChoiceは、しっとり美味しい魚介類の干物を紹介。

材料(2人分)

★簡単サムゲタン
 鶏もも肉
2枚
 鶏手羽中
4本
 鶏手羽元
4本
 もち米
大さじ3〜4
 ごま油
大さじ1
 干しなつめ、甘栗
各8個
 にんにく
3かけ
 しょうが
1かけ
 生きくらげ(さっと茹でたもの)
3枚ほど
 水
1リットル
 酒
1カップ
 塩
小さじ1/2
 三つ葉
1束
 塩、粗挽き黒こしょう
各適宜
★きゅうりのさっぱり漬け
 きゅうり
2本
 塩
小さじ1
 A
  水
1カップ
  昆布
5センチ
  砂糖
大さじ2
  酢
大さじ3
  生姜の千切り
1かけ
 粉唐辛子
適宜

作り方

★簡単サムゲタン
1.もち米は洗って水に30分ほどつけて水けをきり、ごま油をからめる。
 干しなつめはさっと水で洗い、下手をとって切り込みを入れる。        
 にんにくはたたいてつぶす。
2.鍋に食べやすく切った鶏もも肉、手羽中、手羽元、にんにく、もち米、
 干しなつめ、を入れ、水、塩、酒を加えて強火にかけ、煮立ったらアクを取り、
 ふたを少しずらしてのせ弱めの中火で40分ほど煮る。
3.仕上げに甘栗を加えてさっと煮、塩で味をととのえ、細切りにしたきくらげ、
 2~3㎝に刻んだ三つ葉をちらし、塩、粗挽き黒こしょうをそえる。

★きゅうりのさっぱり漬け
1.きゅうりは麺棒などで叩き、塩をあえておく。
2.小鍋にAを入れてひと煮して火を止める。1のきゅうりを加えて急冷する。
 器に盛って粉唐辛子をちらす。

産地・製造元

店舗:低温熟成 無添加ひもの 博多ウエダ
問い合わせ:0120-722-844

≪紹介した商品≫
・旬の魚低温熟成干物セット/9月末まで
(アナゴ、マダイヤリイカ、タイ各1枚 アジ2枚) 4400円

・アナゴの干物 1188円

・アマダイの干物 1836円

 

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2021.09
11