PageTopButton

西南学院プレゼンツ・RKBお話アカデミー朗読会

第4回となる「西南学院プレゼンツ RKBお話アカデミー」が、2014年3月1日(土)西南学院大学チャペルにおいて開催されました。昨年から「九州・沖縄・山口大会」へと規模を拡大し、今回の審査会には1500人もの子供達が参加してくれました。
その中から西南学院小学校2年 井本良々さん、福岡市立多々良小学校6年 京極あかりさんの2人が最優秀賞であるお話アカデミーキッズに選ばれ、この日アナウンサーと一緒にステージに立ち、素晴らしい朗読を披露してくれました。二人ともそれぞれソロでの朗読も担当。むずかしい作品を堂々と読みこなし、会場から大きな拍手が贈られていました。

今回は美しいハンドベルの演奏も披露されました。ハンドベルの優しい響きはチャペルの雰囲気にぴったり。
会場が澄んだ音色に包まれました。

アナウンサーは5人が参加し、名作だけでなく落語朗読に挑戦したり、現代作品も取り入れたりと意欲的な朗読を披露しました。

今年度の審査会は既にスタートしています。次回も才能に溢れたアカデミーキッズとのコラボレーション朗読をお楽しみに!

今回の作品朗読
(1)「ずーっとずっとだいすきだよ」井本良々さん
(2)「ハリネズミと金貨」田中友英、田中みずき、池尻和佳子、石田一洋、宮脇憲一、京極あかりさん
(3)「やかん」田中友英、宮脇憲一
(4)「青い鳥」田中みずき、池尻和佳子、石田一洋、宮脇憲一、京極あかりさん、井本良々さん
(5)「しずかな旅人」京極あかりさん
(6)「リクエスト」石田一洋
(7)「天の町やなぎ通り」田中友英、田中みずき、石田一洋、宮脇憲一

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」