PageTopButton

高橋大輔スペシャルインタビュー(4)初プロデュース「滑走屋」の全貌

ラジオ

今年5月にフィギュアスケート・アイスダンスの現役引退を表明した、プロフィギュアスケーターの高橋大輔さんが、RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演。旧知の間柄でもあるRKB毎日放送の田畑アナウンサーのインタビューに応じた。4回シリーズの最終回は、来年2月に福岡市で開催するプロデュース公演「滑走屋」について語った。

「滑走屋」というタイトルに込めた想い

田畑竜介アナウンサー(以下、田畑):来年2月に「滑走屋」の公演がありますが、このタイトルにはどういう思いが込められているんですか。

高橋大輔さん(以下、高橋):(新型コロナ流行の)時期ということもあって、海外から(出演者を)呼ぶのが難しいということで「だったら日本人だけでやればいいじゃん」「だったら(公演の)名前も別に英語じゃなくていいよね」みたいな感じで、ポンと出てきたのが滑走屋だったんです。その名前から連想するのは小劇場ぐらいの規模の感覚があるじゃないですか。だったら(上演)時間も短くして、回数を増やせば、お客さんも見に行きやすい時間帯が選びやすいし、(チケットの)価格を下げられるし。やっぱりフィギュアスケートのショーってチケット代が高いので、頑張って交渉して、気軽に見に来られるようにしました。あと、「滑走屋って何?」って話題になるのも良かったなと思います。

田畑:1回75分を1日3公演、それを3日間上演するって詰め込みすぎというか、大変でしょ、これ。

高橋:やったことないから、やってみないとわかんないじゃないですか(笑)大変とか考えないで、気持ちで頑張ればやれるんじゃないかと。

田畑:大変って思っちゃうとできませんよね。

ショーに出ることで競技での表情が変わる!

田畑:プロデューサー高橋大輔としてはどういうふうに演出していこうというふうに考えているんですか。

高橋:メインキャストは8人いて、アンサンブルスケーターは男性が多めです。滑走屋っていう響きから、スピード感や迫力をコンセプトに作っていこうっていうのがまずあって、さらにメインキャストのソロパートも継ぎ目がない形でやっていきたいなと。「知らないうちにもう終わっちゃった」っていう75分を目指して作っています。あと、(出演する)学生スケーターも社会人スケーターも現役でやっているし、スケートのレベルは高いです。彼らがアイスショーをやっていきたいっていう思いに、これをきっかけになってくれたら嬉しいし、将来的に滑走屋に入りたいみたいに感じてくれるような受け皿みたいなものができればいいなっていう思いもあります。

田畑:この滑走屋をどんどん育てていく感じですね。

高橋:そうですね。育てていければいいなっていう思うし、失敗したら育てられないんで本当不安なんですけど(笑)

田畑:競技スケーターとして現役でやってる人が、ショーに出ることでプラスになることもありますよね。

高橋:僕はショーをすることによって、見せ方が変わってきました。もともと僕はそんなに顔の表情があるわけではなかったし、そんなに踊るスケーターでもなかったんです。でも日本代表として出場していろんな反応をもらって、どんどん見せることが楽しくないやってきて。やっぱり試合とアイスショーでは空気感が違ったり、何かのきっかけですごく化ける子ってたくさんいるんです。そういうきっかけの一つにもなればいいなって。

田畑:今年5月の福岡公演を初めて見て、驚いたのがフォーメーションの面白さ。これはシングルやアイスダンスで見られない部分じゃないですか。アイスショーならではの演出ですね。

高橋:試合でもシンクロナイズドスケーティングはありますが、アイスショーはそれとも違ってより一層自由で、(試合の)張り詰めた空気感の中で聴く音楽と、(ショーの)温かいところで聴く音楽とでは違う感覚になるし、激しい部分と優雅な部分と、軽やかな部分と…ただ今回は力強さってのが一つ大きいテーマで「俺たちパフォーマンス集団です!」みたいなイメージで作っていきたいなと思っています。

田畑:まだアイスショーを見たことがないという方に、ショーの楽しみ方のアドバイスはありますか。

高橋:普段から見に来てくれている方は大体何となくこんな雰囲気だな、っていうのがあるんですが、今回に関しては僕もいろいろチャレンジさせてもらって、新しいことをしているので、好きなように声を出してもいいし、好きなように楽しんでほしいです。僕自身もルールがあったら気まずいと感じるので。

田畑:最後にリスナーの方にメッセージをいただけますか。

高橋:僕も本当にチャレンジングなことをするので、スケートを見たことない方も来てもらえたら絶対楽しめると思います。ぜひお越しください。


田畑:高橋大輔さんが初めてプロデュースするアイスショー「滑走屋」は2月10日~12日、オーヴィジョンアイスアリーナ福岡(福岡市博多区)で1日3公演です。

滑走屋公式サイト
https://kassouya.jp/

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう