PageTopButton

「雪女」小泉八雲

寒い北国に、茂作、巳之吉という二人の木こりがいた。

 

ある日の帰り道、ふたりは大吹雪に遇い、近くの小屋で一晩やすむことに。

眠りについてしばらくすると、巳之吉は顔に雪がかかるので目が覚めた。

よく見ると、小屋の戸は無理やり押し開けられ、

白装束を着た女が、寝ている茂作の顔に自分の息を吹きかけている。

 

その女の肌は雪のように真っ白で、吹く息は吹雪のようであった。

 

茂作は、動かなくなっていた。

 

2月17日放送 担当:橋本由紀

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」