PageTopButton

ホークス東浜投手「思ったよりストライクを投げられた」キャンプ第3クール最終日

スポーツ野球

ホークスのキャンプ情報です。13日は先発ローテーション候補の3人が、揃ってマウンドに立ちました。

シーズン開幕へ向けギアアップ、先発ローテ3人の仕上がりは

 

キャンプ第3クールの最終日。マウンドに上がったのは、東浜投手。B組のバッティングピッチャーを務めました。29球を投げ、ヒット性の当たりを2本に抑えました。

東浜投手「対バッターとの感覚を確かめるためにマウンドに上がったので、思ったよりストライクを投げられたので、よかった」

 

 

同じく先発ローテーション入りを狙う板東投手も登板。変化球を交えて30球、低めのストレートで空振りを奪う場面も見られました。

板東投手「まだブレが大きかったので、もう少し精度よくいけたらいいなと」

 

 

A組のシートバッティングでは、先発転向が決まっている大津投手がマウンドへ。柳田選手との勝負に挑みます。キレのある変化球に、柳田選手も全くタイミングが合いません。最後も変化球で崩し、ボテボテの内野ゴロに仕留めました。

山川選手は痛烈な当たりを

 

そして控えのキャッチャーはバットでアピール。このキャンプ「打撃向上」に取り組む谷川原が、2本のヒットを放つと、海野選手の快心の当たりはホームランに。「チーム第1号」に渾身のガッツポーズ。さらに続く打席でも、ライン際を破るタイムリー2ベースを放ちました。一方、シートバッティングで打席に立った山川選手は痛烈な当たりのヒット2本を放ち、存在感を示しました。

 

 

山川選手「結果が出たのはたまたまだと思うんですけど、バッティング練習の感じがすごくよくなっていたので、個人的にはよかった。ヒットを打つと少しだけホッとするので、そこもよかった」

和田投手の調整も順調


このキャンプで4度目のブルペンに入ったのは、すでに先発ローテーション入りが内定している和田投手。キャッチャーを座らせて、50球を投げ込みました。シーズン開幕へ、順調に調整段階を上げているようです。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう