PageTopButton

「持ってるところを見せてやろう」元メジャーリーガー城島健司さんが国際カジキ釣り大会に参戦 マリナーズの先輩”大魔神”佐々木主浩さんも

元メジャーリーガーで、現在は、福岡ソフトバンクホークスの球団会長付特別アドバイザー兼シニアコーディネーターを務める城島健司さんが、8月から開かれるカジキ釣りの国際大会に参加する。このほか、城島さんのシアトル・マリナーズの先輩で「大魔神」佐々木主浩さんや、巨人で活躍したスコット・マシソンさんも参戦する。

 

この大会は、カジキ釣りの国際大会「イバラキ・インターナショナル・フィッシング・フェスティバル」。カジキの漁場として知られる大洗マリーナを拠点とした茨城県沖で、来月30日から3日間、開催される。釣ったカジキの重さや数で順位を競う。賞金総額は国内最大の500万円。茨城県は、国内外から50隻程度の参加を見込んでいる。

城島さんは、RKBテレビなどで放送中の「城島健司のJ的な釣りテレビ」の企画として参戦する。

城島健司さんコメント「カジキ釣りはしたことがない。そう簡単には釣れないだろうけど、何十隻と(船が)出るなかで、釣れるのは何匹か(しかない)。持ってる、ところを見せてやろう」

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」