PageTopButton

「住宅の井戸から猛毒ダイオキシン」2年間基準超過、地下水に広がり対策困難~福岡

暮らし
福岡県久留米市のJR駅近くにある住宅街。最大で環境基準の6倍のダイオキシンが複数の井戸から検出される異常事態だが、自治体は「対策は難しい」と嘆く。駅の近くにはその昔“農薬工場”があった。長い月日をかけてゆっくりと土壌からしみ出したダイオキシンが地下水に広まってしまったのだ。取材班は、使われなくなった農薬が工場の敷地に埋められた事実をつかんだ。

2年前から環境基準を超過

久留米市食品衛生協会・土岐章理事「この水道です。出しましょうか。ここから出ているのがダイオキシン。魚をさばくときは冷たい井戸水がいいので使っています。今は久留米市が危ないから使うなということで全然使っていません」
土岐理事が訪れたのは福岡県久留米市の住宅街だ。住宅の井戸水から有害物質の「ダイオキシン」が検出されたという。井戸水にダイオキシンとは物騒極まりない。調査班は真相を確かめるため市役所に向かった。
久留米市環境保全課・村上涼二主幹「2020年度になって基準を超過したことがわかりました」
ダイオキシンの環境基準は、体重50キロの人が1日あたり2リットルの水を継続的に飲んでも健康に影響が出ない量に設定されている。久留米市にあるJR荒木駅周辺の井戸水からは、この基準値の最大で約6倍のダイオキシンが検出されたのだ。

ごく普通の住宅街からなぜ突然検出?

最初に検出されたのは2020年12月のことだった。去年8月には同じ地点で基準値の約6倍、近くの別の地点でも3倍と住宅街から相次いでダイオキシンが検出された。
JR荒木駅の東側には駅の近くにも関わらず不自然に広い敷地がある。この場所は40年前までは農薬工場があり、15年ほど前には土壌から基準値を大幅に上回るダイオキシンが検出されている。久留米市はこの農薬工場の跡地から地下水にダイオキシンが流れ出ていると推測する。
久留米市環境保全課・村上涼二主幹「原因企業に出た原因はと尋ねたところ。かなり可能性が高いということでした。いらなくなった農薬を敷地の3か所に埋設していたという事実はあります。線路の引き込み線で農薬を貨車に載せる。その中で袋がやぶけて、農薬がこぼれたという話は聞いている」

“地下水”に一度広まると打つ手なし

工場側は地下水にダイオキシンが流れ出さないよう遮水壁を設置したり、汚染された土壌を掘削したりするなどの対策を講じた。これにより、ダイオキシンは一旦、検出されなくなった。なぜ、いまになって再び基準値を超えるダイオキシンが検出されているのだろうか。
環境保全課・村上主幹「地下水の流れは非常に遅い。1年間に20メートルくらいしか進まない。取り残された汚染地下水が今になって駅西側の住宅街に流れたんだろうと。基準超過したものが出ているので対策をと再三、工場側に話しているが『いったん広まってしまった汚染地下水に何かするのは非常に難しい』という回答。直接的な対策は難しい」

飲み水でなければ良い?募る住民の不安

調査班は工場側に改めて見解を求めた。
三井化学大牟田工場「検出に関しての因果関係は不明で、回答は差し控える」
住宅街へ流れ出したダイオキシン。これまでに周辺住民の健康被害は確認されていないという。
環境保全課・村上主幹「今検出されているのは飲み水ではありません。生活用水、庭のまき水。庭の巻き水につかったとしても、健康への影響はありません」
それでも、住民は不安を訴える。
近藤信夫自治会長「住民もほとんど知らないのが実情です。みなさん耳にしたくない話ですよ。駅前の住宅井戸水ですよ。これにダイオキシンが出てるんですよ。しっかりした対策をとってもらわないとどうなるか、それが心配ですよ」
ダイオキシンは水に溶けにくい性質がある。今後も時間をかけて住宅街へ流れ出すことが懸念される。現時点で健康への影響は確認されていないものの早急な対策が求められる。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」
radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」