ムーブ

ムーブ

日曜 5:15

番組概要

ムーブはJNN九州沖縄7局ネットでお送りするドキュメンタリー番組。地域の様々な問題をテーマに、ニュースでは伝えきれない出来事の深層、この地に生きる人々の姿、その思い、忘れてはならない記憶――そうしたものと真正面から向き合い、九州の「今」を切り取ります。

次回の放送予告

だから私は歌い続ける~米良美一 心の変遷~

2022年第15回
制作:MRT宮崎放送
ディレクター:木山 奈緒

25年前、ジブリ映画「もののけ姫」の主題歌を歌ったことで広く知られている、世界的カウンターテナー米良美一さん。その高音は「天使の声」とも呼ばれ、多くの人を魅了してきた。

しかし、「もののけ姫」によって一躍時の人となった一方で、米良さんは幼い頃から抱えている難病や故郷の辛い過去を隠したいと思い悩むようになった。さらに、世間から注目されればされるほど、上手く歌えるだろうかという不安に襲われ、次第に精神的にも身体的にも追い詰められていった。

そんな時に支えてくれたのも歌だった。親への感謝の気持ちを歌った美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」。自身を見つめ、周囲への感謝の気持ちを持つことを思い出させてくれた。「人生の第2幕が上がった時だった」と振り返る。

8年前には「くも膜下出血」で倒れ、発見時にはステージ4という危険な状態に。しかし、およそ9か月で車いすに乗りファンの前で復活を遂げた。さらに、2年前には難病の影響で足のじん帯を断裂。懸命にリハビリに取り組み、杖無しで歩けるようになった。何度も壁に直面しては立ち上がり、ステージに立ち続ける米良さん。そこには歌い続けることで故郷の人々に伝えたい思いがあった。

今回の放送内容

謎の民謡まつばんだを追え!!

2022年第14回
制作:MBC南日本放送
ディレクター:七枝 大典

鹿児島県屋久島。
1993年、ユネスコの「世界自然遺産」日本第一号の1つに登録されたたことでも知られ、太古からの自然が今も色濃く残る、人口およそ13,000人の島。
周囲およそ130km、面積およそ500km²の島に 九州最高峰の宮之浦岳(1936m)をはじめ、標高1,000mを超える山々が連なるこの島に、ひっそりと残る民謡がある。それが「屋久島民謡まつばんだ」。

いつから、誰が、どのような用途で歌われていたのか。正式な記録がほとんど残っておらず、タイトルの「まつばんだ」自体も何を意味するのかも分からないという「謎の民謡」。
しかし、この民謡を記録した ある1本のテープがあった。聞くと2つの印象を受ける。1つは、まるで屋久島の過酷な自然環境を表したかのような高低差の激しい音程。これを歌いこなすには相当な技量が求められることは容易に想像できる。そしてもう1つは琉球音階。屋久島と沖縄には歌が残るほど、密接な関係があったのだろうか。

番組では、このテープをもとに「民謡まつばんだ」を徹底調査。専門家による解説や7年前に「まつばんだ」と出会い、歌い続ける1人の女性と共に本民謡のルーツに迫る。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容