居酒屋以上、割烹未満。“色々な料理をちょっとずつ”が叶う和食店

居酒屋以上、割烹未満。“色々な料理をちょっとずつ”が叶う和食店

2019年2月にオープンし、瞬く間に人気店となった「トキシラズ」。そのお店のスタイルは、“居酒屋以上、割烹未満”。大衆的な居酒屋と高級感のある割烹の中間という“ツボ”を突いたスタイルに、多くの人がハートをつかまれたはずです。御多分に漏れず、私もその1人。

トキシラズ店内1

そんな「トキシラズ」が、2022年9月に移転オープンしました。移転先は、以前の店舗から徒歩約10分の城南線沿い。新生「トキシラズ」への期待感を胸に、さっそくお店へ向かいました。

トキシラズスタッフ

迎えてくれたのは、店主の讃井真一さん(写真左から2番目)。「移転の一番の理由は、お店が手狭になったことでした。カウンターのみで席数も限られていたため、お客様をお断りすることが増えてきて……。それで思い切って移転に踏み切りました」と讃井さんは語ります。

トキシラズ店内2
トキシラズ店内3

店内を見渡すと、カウンターを主体とする店内の雰囲気はそのままに、別空間に個室2部屋、さらにサブのカウンター席を設け、グループ利用もできる空間へと生まれ変わっていました。以前と比べると総席数は倍になったとのこと。

しかし、席数が足りないだけならば2号店という選択肢もあったはず。しかし、そうではなく移転を選んだ理由は何だったのでしょうか?
「今回の移転のタイミングでは、“まだ私自身が店に立たないと!”という思いもあったことから、移転先での後進の育成を新たな目標に掲げました。それもあって設備を充実させスペースも拡張。ゆくゆくスタッフが育ったら2号店に挑戦、という構想ももちろんありますよ」と讃井さんは語ります。
これは楽しみな話を聞きました!

トキシラズ_メニュー

続いて、空間以外の変化を尋ねると、「基本的にコンセプトやメニューは変えていません」と、小皿で提供するスタイルは健在とのこと。旬の食材に一手間かけた創作性の高い料理を、小皿で少しずつ楽しめる満足感。一皿ごとに多彩な美味しさに出合える多幸感。「トキシラズ」の魅力はそのままに、空間が広く、予約が取りやすくなったとは、嬉しい限りです。

トキシラズイカ握り

ではお待ちかね。讃井さんのおすすめの料理をいただきました。
まずはお通しの「イカの握り」。移転前から評判の一品ですが、お通しで握りってすごく贅沢ですよね。甘みのあるイカにやさしい味わいの餡、上にのせた柚子の香りが口内に広がります。この1皿目の美味しさが、次の料理への期待感をブースト。自然と食欲も高まります。 

トキシラズ_料理2
トキシラズ_料理3

次に前菜より2品を注文。「あまおう、クルミの白和え」(660円)は、見た目はとてもシンプルな一品。あまおうの甘酸っぱさに、チーズをほんのり効かせたとろ〜り和え衣がコクを加えて、見事に前菜として成立しています。
続いて「穴子 炙り刺し」(1,100円)を。脂ののった穴子はぷりっぷりで、皮目を炙った香ばしさが鼻に抜けます。醤油もありますが、私は塩とすだちでシンプルにいただきました。

写真を見てもわかるように、「トキシラズ」では例えば2人で訪問し、料理1品を注文すると、2皿に取り分けて提供してくれます。「一皿をシェアすると、どうしても“食べ残し”が多くなりがちですが、うちの場合はほとんどないんです」と讃井さん。コロナ禍以前よりこのスタイルを貫いた結果、今の時代にも合う上に、フードロスの削減にもつながっているそうです。時代性にマッチしたその計らいは、誰にとっても無理がなく、“みんなが心地良い”を叶えてくれています。

トキシラズ_料理4
トキシラズ_料理5

さて、前菜の後は「蓮根まんじゅう ズワイガニ餡かけ」(990円)をいただきました。一口食べると、蓮根まんじゅうのとろ〜り&むっちり感がもう最高。贅沢なカニの旨味が溶け出した餡が全体をやさしく包み込み、アクセントのわさびも良い仕事をしています。
次にお腕仕立ての「甘鯛と椎茸の焼き浸し」(1,540円)を。昆布と鰹の出汁のふくよかな香りと風味がじんわり沁みます。鯛の身のふっくら感と、鱗のパリパリ感のコントラストも絶妙です。

トキシラズ_料理6

そろそろ、がっつりお肉を食べたいな、と思っていたので、讃井さんおすすめの「鴨ロース 朴葉味噌焼き」(1,320円)をいただきました。朴葉の香りと味噌のコクが相まって、しっとりとした鴨肉の旨味をそっと押し上げてくれます。これはお酒が進む美味しさです。

トキシラズ」では、日本酒や自然派ワインも多彩に揃えているため、料理に合わせたお酒のペアリングも楽しみの一つ。

トキシラズ_料理7

最後に、「トキシラズ」といえばこれでしょ!な一品「小さなメンチカツバーガー」(1個440円)をオーダーしました。直径8cmほどのかわいいサイズ感で、なんともフォトジェニックです。メンチカツのたっぷりの肉汁を、ふっくらとした白いバンズが見事にキャッチ。“あとちょっとだけ食べたいな”という時のお腹と気持ちをしっかり満たしてくれる、シメの最適解ではないでしょうか。

メニューを見ていると、あれもこれも食べたいものがまだまだたくさん。 “居酒屋以上、割烹未満”という可能性を押し広げ、これからどんな料理で楽しませてくれるのか、新生「トキシラズ」の今後に目が離せません。早くも次の訪問が楽しみです!

店舗名:トキシラズ
ジャンル:日本料理、居酒屋、日本酒
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通2-2-1 西村ビル3F
電話番号:092-518-7676
営業時間:17:00〜フードOS22:45、ドリンクOS23:30
定休日:水曜※月に2回程不定休あり
席数:カウンター21席、座敷8席
個室:4〜8名
メニュー:本マグロ 玉ネギ醤油1,320円、真鱈白子といくらの茶碗蒸し1個990円、安納芋とゴルゴンゾーラ880円、サワラのエアフライ タルタルと自家製ウスター1,320円、イチジクバターサンド2個770円、和牛と椎茸、セリの温うどん880円、天然真鯛の土鍋ご飯1合1,650円、お任せコース(全12品・事前要予約)1人6,600円

THE WRITER

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE