西南学院プレゼンツ お話アカデミー 舞台裏ing

【初のオンライン開催】画面越しに1人1人アドバイスしました。

20日・21日

【一次審査 】PC画面の向こうの子ども達と。(左)櫻井アナ(右)茅野アナ

4月7日火曜日 、新型コロナ感染拡大に対応する緊急事態宣言が発出されました。

密を避けて在宅勤務をする中、今年度の活動は難しいのだろうか・・・と危惧しました。

突然の長い臨時休校を強いられ、通常通りの生活に戻れていない子ども達は、大きなストレスの中、どんな風に過ごしているでしょうか・・・

(左)坂田アナ(右)本庄アナ

これまで一生懸命朗読に取り組んできた子ども達がチャレンジできる機会は失いたくないですね、と、西南学院とRKBとで話し合いました。

そして、今できる取り組みとして、初の「オンライン大会」がスタートしました。

オンラインで募集し、集まってくれた西南学 院大学の学生スタッフは17名!いよいよ今年度の活動がスタートです 。そして、応募してくれた小学生はなんと234名!嬉しかったです!

9月19日(土)~21日(祝)、RKBのスタジオに機材をセットし、スタッフも「 密にならないよう 」ごく少数です 。

Zoomの操作に戸惑う保護者の方や 、WiFiの不安定、など様々な問題もありましたが、自宅で参加したためでしょう。多くのお子さんがリラックスして、元気いっぱいの音読を披露してくれました。

学生スタッフも審査員体験をしましたが、「心を鬼にして厳しく採点しようとしたが 、全員に満点花丸をあげたくなった」「画面越しに見るお子さんの姿に、胸が温かくなりました」と、感想を言ってくれました。 子ども達のいきいきとした音読、本当に素晴らしかったです。

そして、オンラインの良いところでしょう。島原・日田・そして呉など、遠方からのご参加も見られました。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

バックナンバー