櫻井浩二インサイト

月~木曜 6:30
  • メール
  • Twitter
  • Instagram
「豪雨とコロナ禍で打撃を受けた生産者を応援」ラジオ番組が料理対決を生配信

「豪雨とコロナ禍で打撃を受けた生産者を応援」ラジオ番組が料理対決を生配信

筑後川の下流域、福岡県久留米市北野町は野菜の栽培が盛んな地域。秋を迎え、小松菜やブロッコリーなどが収穫期を迎えている。ここを舞台に、収穫した野菜を使ったアナウンサーたちによる料理対決が、RKBラジオのオンラインイベント「RKBラジオまつり2021」で配信される。

 

この地を選んだのは、朝の情報ワイド番組『櫻井浩二インサイト』の出演者・スタッフ。今年8月の豪雨で田畑が5年連続で浸水し、被害額は周辺地域も含めて8億円とも10億円とも言われている。さらに新型コロナ禍で飲食店の仕入れが減少したため、大きな打撃を受けた。そこで、復旧した姿を動画配信し、消費につなげようと企画した。田中みずき、高橋早紀、本田奈也花の3人がそれぞれが考案した一品を料理し、櫻井浩二と現地の生産者たちが審査をする。

 

配信は10月17日(日)昼12時から。RKB毎日放送公式YouTubeチャンネル、RKBラジオまつりのホームページから視聴できる。

 

予告のために10月14日(木)の同番組に出演した、現地で支援活動を行なっている三宅良平さんは「災害に耐えられる農家の仕組みづくりだけでなく、農業体験型のツーリズムの開催など新たな展開への足がかりにしたい」と話していた。

 

なお、同番組は過去にも、筑前町の野菜や米を販売するマルシェを放送局の敷地内で開催するなど、若手の農業生産者を応援する企画を実施している。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容