PageTopButton

平成27年度 岡垣町核兵器平和の町宣言事業

1986年に核兵器廃絶平和の町宣言を行った岡垣町で、毎年恒例となった平和について考え、平和を願う事業が行われました。岡垣町の小学生11人が岡垣ふれあい文化塾「さんりん舎」の指導の元、平和を守る大切さを呼びかける作品を作りました。 RKBアナウンサー4人も戦後70年の節目の年ということで、毎日新聞に掲載された 「こどもたちに語る戦争」記事の朗読や、戦時中に犠牲になった動物たちをテーマにした作品の朗読など、あらゆる角度から子供たちに「戦争」について考えてもらいました。

第1部 RKBアナウンサーによる朗読

「学徒動員」~ひどい食事で栄養失調に~ (毎日新聞)
「生き残った特こう隊員」~あんな時代じゃなかったら~ (毎日新聞)
「へいわって どんなこと?」浜田桂子著  (童心社)
「きみがおしえてくれた」  今西乃子著  (新日本出版社)
DVD上映 三好アナウンサー「福岡で考える基地問題」

第2部 岡垣町の小学生11人による発表

大きな紙芝居と、朗読劇「食べたかったおべんとう」発表
各児童による平和への提言

第3部 千羽鶴献納と歌「ふるさと」

10月に修学旅行で長崎を訪れる6年生の皆さんに町民の皆さんが折った 千羽鶴が託されました。長崎市の原爆資料館に献納されることになっています。
長崎原爆資料館の中村館長からのビデオメッセージも紹介されました。
最後に、皆で「ふるさと」を合唱しました。
岡垣町のイメージキャラクター「びわりん・びわすけ」も参加してくれましたよ。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」