PageTopButton

『仲谷一志・下田文代のよなおし堂』 第60回 ギャラクシー賞入賞決定

優れた放送番組などに贈られる、第60回ギャラクシー賞(NPO放送批評懇談会)で、RKBラジオの『仲谷一志・下田文代のよなおし堂』が入賞作品に選ばれました。
 

ギャラクシー賞ラジオ部門の入賞が決まったのは、2022年8月11日にRKBラジオで放送した、『仲谷一志・下田文代のよなおし堂』です。

この日は、北九州市小倉北区の旦過市場が同年4月に続いて2回目の大規模火災に見舞われた翌日で、北九州市出身のパーソナリティ、仲谷一志さんが現地から2時間半の生放送を実施。商店主や利用客たちの声を、自身の想いとともに伝えました。
 

「北九州市民の台所」として親しまれている旦過市場の2度にわたる災難に、同市出身の仲谷さんは「居ても立っても居られず」新幹線で博多から小倉入り。急きょスナッピーも別の取材先から向かわせ、現場から放送することになりました。

受賞式は5月末に東京で開かれ、入賞8作品のうち、大賞1本、優秀賞3本、選奨4本が発表されます。

RKBラジオのギャラクシー賞入賞は、第58回(2020年度)優秀賞に選定された『加来耕三が柳川で大河ドラマをつくってみた 超拡大!放送尺22倍SP』以来2年ぶりです。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」