PageTopButton

世界陸上「女子やり投」でゼンリン上田百寧(福大出身)予選通過ならず

スポーツ陸上

世界陸上ブダペスト大会5日目、「女子やり投」に出場した福岡大学出身の上田百寧(ももね)は21位で、予選敗退となりました。

エリアから出場したのは上田・城山・高島の3選手

ゼンリン所属で、福岡大学出身の上田百寧は「女子やり投」の予選に登場。記録は、56メートル19で予選を通過することはできませんでした。

また「男子走り幅跳」の予選に出場したのは日本記録保持者のゼンリン・城山正太郎。7メートル46と記録を伸ばすことができず、32位で予選敗退となっています。

そして、2007年以来の日本勢出場となった「女子三段跳」には福岡大学出身の九電工・高島真織子が出場。記録は13メートル34で34位、予選突破とはなりませんでした。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

スポーツ

もっと見る