PageTopButton

楽天“ポイント改悪”は将来の「虎の子」モバイル事業拡大の布石

SNSなどで「楽天改悪」というワードがトレンド入りしてる。「今回の改悪は過去最高規模も凄まじい」と語るのは、日経エネルギーNextの山根小雪編集長だ。一方で、今回の改定の狙いについて解説しながら、楽天の挑戦にエールを送っている。それはどういうことなのか? 11月8日のRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』でコメントした。

楽天プレミアムカード改悪に悲観コメント殺到で…


楽天はSPUという、例えば「このサービスを使ったら、もう1倍ポイントもらえます」「これやったらあとプラス0.5倍もらえます」それを積み上げていくとかなりのポイントをもらえる、というやり方で、楽天市場だけでなく、楽天モバイル、あと給与振り込みを楽天銀行にしたり、つみたてNISAを楽天証券に誘導したりして「楽天経済圏」を作ってきたんです。

 

「とにかく何でもかんでも楽天でお金を落とすよ」という人たちを囲い込むために、ポイントプログラムを一生懸命やってきたんです。それなのに今回、改悪されました。ポイント付与率が下がったサービスをリストアップすると、10や20やもっとっていう感じなんですね。

 

それから、楽天プレミアムカードというすごくお得なクレジットカードがあって、海外の空港のラウンジを無料で使えるプライオリティパスがついているし、会費は約1万円ですが、楽天市場でそれなりに買い物をすれば、すぐに元が取れるいうカードがあったんですよ、それがもう、ほぼ持っている意味がなくなるぐらいの改悪になってしまって。

 

怖い話があるんですよ。X(旧Twitter)に「楽天プレミアムカード」って入れると「あなたの思いをそのまま聞かせて」とていう、自殺防止センターのページが自動で表示されるんですよ。つまり、それだけネット民が楽天プレミアムカードの今回の改悪について、悲観的なコメントを書き込みまくってるんですよ。

楽天離れが進んでしまうのか?

楽天は今回の見直しについて「楽天モバイルユーザーへの還元アップを目指したもの」だと説明をしています。楽天モバイルユーザーについては、これまで付与率が2倍だったのに、このたび4倍に増えるんですよ。同時に、いくらまで使ったらポイントが付与されるかという上限ポイント額というものがあるんですが、それは下げられています。つまり、今まで楽天経済圏にいっぱいお金を落としてきたユーザーは基本的にみんなマイナスになります。

 

要するに、楽天モバイルを使っているライトユーザーにとっては非常にプラスの大きい改定だということなんです。「楽天ポイントを集めている人たちの約8割は獲得ポイント数が増える、もしくは変わらない。楽天モバイルユーザーに限ると、8割以上がポイントが増える」と楽天は説明しています。

 

でも、残る2割の人たちだって、いろんなものを全て楽天に寄せています。例えばふるさと納税。いろんなふるさと納税サイトがあるけどあえて楽天を使う。宿泊予約もいろんな宿泊サイトがあるけどあえて楽天トラベルを使うみたいに。そういう大事なお客さんが離れるとなると、今回の改悪は楽天にとってもダメージは大きいでしょう。

 

サービスというものは、上位のロイヤルカスタマー、たくさんお金を使ってくれる人たち屋台骨として支えていて、ライトユーザーがたくさん集まっても、そんなに収益に繋がらないのが普通なんです。推し活のことを考えても、上位層の人たちがものすごい課金をするわけですよ。ライトユーザーって、そんなに課金はしないけど、その人たちにいかにどんどん課金する存在に変えていくかっていうのが戦略じゃないですか。

 

そういう意味で言うと、今回のこのやり方で頻繁に楽天を使っていた人たちが離れて大丈夫なのかな? って、心配になります。

楽天モバイルには「死ぬほど頑張ってほしい」

ただ今回の件は、改悪をしてまでも楽天モバイルユーザーへの還元アップをするものです。そうまでしなければならない理由は何かって考えると、楽天モバイルが不振だということです。8月に発表した2023年1月から6月上期の決算では、最終損益139億円の赤字です。前年同期は1778億円の赤字だったので(赤字額は)減ってはいます。

 

ただ年間3000億ぐらいの赤字という状況は変わりません。まずはコスト削減できるところ削減していかなくちゃいけない。でもモバイルはこれから伸びる虎の子事業なので、何としてもモバイルユーザーを守っていかなければいけない、というのが今回の改悪の理由なのかなと思います。

 

私はここで楽天モバイルについていろんなことを言いますが、先に伝えておきたいことがあります。楽天モバイルには、私としては死ぬほど頑張ってほしいと思っています。

 

やっぱり3社寡占で携帯電話の料金は高止まりしてるんです。家族で月何万円も携帯電話にかけるのが当たり前になっていました。ようやくNTTドコモがahamoというサービスで20ギガ2700円という画期的なサービスを出しましたが、それだって楽天モバイルの存在があったからでしょう。

 

私は記者として、2000年代の前半から半ばまで通信業界の担当でした。その頃、ソフトバンクの孫正義さんは「日本の携帯電話料金は高すぎる。それであなたはいいんですか?」という新聞全面広告を打ったんです。当時、いろんな優遇を求めて、孫さんはこういうことをやったわけですが、「あのときの気持ちはどこに行ったんだよ」と。「いまや3社寡占でドコモとKDDIと横並びでどういうことなんだよ」と、私は声を大にして言いたい。やっぱり競争がないと価格が下がっていかないので、楽天には第4極になってもらいたい。

 

黒字化まで3年「やばくね?」

と、所信表明をしたところで、今楽天どうなのよ? と言うと、なかなか決算は厳しい状況が続いています。先述したとおり赤字が年間3000億ありますし、来年と再来年で社債の償還は8000億円あります。だから、最近は楽天銀行を上場して、これから楽天証券も上場します。さらに楽天カードも上場するという噂が出てるんです。資金調達のためです。上場益が出たら株を一部売却することによってお金を確保することができるので、これはやるしかないというとこまできています。

 

あと、最近話題のプラチナバンドにも注目です。ますます競争が活発化すると期待しています。プラチナバンドというのは電波が繋がりやすい周波数のことで、ソフトバンクはプラチナバンドを持っています。楽天は「つながりにくい」という印象を消費者が持っていますが、プラチナバンドを取れたらこのイメージを払拭できると思います。

 

それから今は楽天がアンテナ設備を持っていないところは、KDDIの設備を使ってサービスをしてるんですが、いずれは自前で設備を持たないと、ずっとKDDIにお金払い続けることになるんですよ。(プラチナバンド)はすごく朗報だと思います。消費者の(つながりにくいという)イメージ払拭と、将来的な楽天モバイルの収益の改善という意味でプラスだと思います。

 

では、一体黒字化はいつなのか? ざっくり計算すると3年後ぐらい。まだちょっとかかります。契約者が今の500万から倍ぐらいになって、いろんなプランを使う人が増えて、毎月払うお金が増えていかないとだめなんです。「毎年赤字3000億垂れ流しで3年!? 楽天モバイルやばくね?」みたいな話が出てきそうです。

企業がチャレンジするってこういうこと

でも、ここでまたもう一つ、私は声を大にして言いたい。企業がチャレンジするってこういうことなんですよ。お金がかかるのは当然です。今やGAFAと肩を並べる存在になったテスラは、3か月で3000億円ぐらい使っていました。お金溶かしまくってEV開発をしてきたんです。赤字なんて楽天の比じゃない。でもだからこそ今、アップルやGoogleと肩を並べる存在にまでなって、新しい社会を作るんじゃないかっていうような存在になってきたわけじゃないですか。

 

楽天は今まで築き上げてきた資産もたくさんあります。楽天市場や銀行、こういうところの資産や経験というものを持っているからこそ、モバイルに挑戦するという、こんなめちゃめちゃお金かかることできるんですよ。

 

言い換えると、日本企業は全然チャレンジしていない。だから楽天モバイルのこのチャレンジによる大赤字が目立つわけなんですよ。ちゃんと稼いでいるんだから、内部留保しないでどんどんお金使って、赤字になったってもっともっと新しいことやっていこうよ。じゃないと日本企業が成長しないし、日本の経済良くならないし、みんなの給料も結局上がらないんですよ。

 

今までと同じことやっていたら、伸びたとしても爆発的な成長はありません。そういう意味でも、目の前の赤字は気になるかもしれないけれど、もしこれが成功すれば、すごく大きな収益の柱になるんだという気持ちで、楽天モバイルを見守りたいと思っています。年を見据えた投資にもなってるっていうことなのかもしれませんね。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」
radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」