PageTopButton

「算盤が恋を語る話」 江戸川乱歩

ラジオ

造船会社の会計係Tは、助手を務める若い女事務員S子にひそかに思いを寄せていた。しかし、極端に内気なTは直接想いを告げることなど到底できない。
そこで、毎朝、S子の机の算盤に、12億4532万2222円72銭という数字を残し、彼女の様子を見守るのだった。この数字は、会計に携わるものならおそらく意味がわかる暗号なのであった。
 

何日も続けるうちに、S子も何か気が付いたようだった。
それを良いようにとらえて手ごたえを感じたTは、同じ暗号の手口を使って大胆にもあいびきを提案してみたのであった。
 

果たして算盤に託したTの気持ちはS子に伝わり、二人の関係に変化や進展が訪れるのであろうか?
 

12月9日、16日、23日放送 担当:田中みずき

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう