PageTopButton

「たにしの出世」楠山正雄

ラジオ

あるところに貧しいお百姓の夫婦がいました。

夫婦には、子供がいませんでした。
「かえるの子でも、つぶ(たにし)の子でもいいから子供が欲しい」、と

ふたりは水神様に一生懸命お参りを続けました。

 

しばらくして、おかみさんが産気づき本当にたにしの子がうまれたのです。

ふたりは水神様のお申し子といって、たにしの子を大事に大事に育てました。

 

月日は流れ、たにしの子がうまれてから10年が過ぎようとしていたある日、

突然たにしの子が人間のことばを話し始め、、、。


210日放送 担当:橋本由紀

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう