PageTopButton

JA糸島青年部・溝口さんのアネモネ 竹下明子

ラジオ

糸島市のアネモネ農家さん、JA糸島青年部の溝口雄太さん(35)の作業場に伺いました。

 

 

作業場には朝6時から摘んだ色とりどりのアネモネが長さ別に並び、選別されていました。

 

 

その数、約4000本!

 

そんな中、最初に伺ったのは、切り花としてお花屋さんでアネモネを楽しめるのは

今年4月上旬までだというお話。

種屋さんの高齢化が理由なのだそうです。

 

残り2か月間も変わらず、溝口さんは大切にアネモネを育てます。

お米のように、アネモネを育てるには88の苦労があるとお話されました。

 

 

アネモネ畑はなんと300坪!

 

 

雑草を抜くことも大変で、朝6時から作業しているそうです。

ハウスの天井からはライトが約160個下がっています。

アネモネの様子を見ながら光を当てた方がよいかなどを判断して、

ライトをつけたり消したりするのだとか。

 

また、アネモネは光を浴びて開き、夜になるとまた蕾みます。

その、開いて蕾んで、開いて蕾んでの、3回目が出荷に一番最適だということで、

アネモネの1本1本の数を数えているそうです。

 

収穫後の作業場では1日に4000本!

蕾の中に虫が紛れていないか1本1本、花びらを軽くめくりながらチェック。

茎の太さにより価格が変わるそうで、ストローを1本1本通すのも4000本!

 

 

ビー玉くらいの蕾が開くと、コースターくらいの大きさのアネモネに

鮮やかに大きく開く姿も見てほしいです

 

溝口さんの『きれい。くらいの気持ちで喜んで貰えたらな。』

という言葉が印象的でした。

 

 

 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」