PageTopButton

15年の“休部”を経て強豪・日産自動車九州の野球部が再始動…「社員団結の起爆剤」に

社会人野球の強豪日産自動車九州の野球部が、15年の休部期間を経て再始動しました。目標は全国大会出場、チームの意気込みを取材しました。

リーマンショックで活動休止→社会人チームに

胸に「NISSAN」の文字を刻んだ選手たち、約600人の社員から激励を受けたのは、福岡県苅田町の「日産自動車九州硬式野球部」です。

植山文彦監督「強い日産自動車九州野球部を復活させたいと思っております」

日産九州の野球部は1986年に、日産自動車九州工場の硬式野球部として創部しました。都市対抗野球に6回、日本選手権に9回出場した強豪です。しかし、2009年、リーマンショックによる業績の低迷を受けて活動休止となります。その翌年、野球部のOBが中心となって立ち上げた社会人野球のクラブチーム「苅田ビクトリーズ」として再出発していました。




 

「野球部があることで社員団結の起爆剤に」

「苅田ビクトリーズ」として活動した14年間、都市対抗野球や日本選手権といった全国大会に出場することは一度も叶いませんでした。日産は去年9月、「従業員の意識改革と一体感を醸成する」として野球部の復活を発表。役割を終えた「苅田ビクトリーズ」は、解散式を開きました。談笑する植山監督の手には、選手の名前がびっしりと書かれたボールがありました。

植山監督「最後の公式戦九州クラブ選手権で負けたんですけど、審判の方が“良いゲームでした、ウイニングボールです”と私にくれました。選手全員にサインをもらってグラウンドに置いておこうと思って」

日産自動車九州・冨山隆社長「本当に待ちに待った復活です。日産自動車としては全面的には応援できない、でもやっぱり休部ということでいつ復活しても良いように維持できるようにしておく。そういうところが難しかった。でも野球部があるってことで社員の一致団結、そういう一つの起爆剤になる」

苅田ビクトリーズに所属していた選手のうち、野球部に移籍したのは18人。計30人の選手で戦います。選手やスタッフは日産自動車九州だけではなくその協力企業で働きながら、ひとつの野球部としてプレーする「広域複合企業チーム」を苅田ビクトリーズに続き採用しています。
 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」