福岡のおすすめ『ハード系パン屋さん』5選

福岡のおすすめ『ハード系パン屋さん』5選

ナッセ編集部 N子です。福岡のパン・スイーツを取材して15年。パン屋巡りがルーティーンの一つ。食パンはこの店、あんぱんはあの店…、自家製酵母パンなら…?好みや目的別にお店を使い分けながら、街でもいつも新しいパン屋を探してしまいます。

今回は、N子がおすすめする、福岡人気のパン屋、特に「ハード系」で行列ができるお店に注目して紹介します。

 

全国トップクラス?! なぜ福岡でハード系が人気でレベルが高いのか?

一番に東区・箱崎の人気パン屋「パンストック(pain stock)」の影響が考えられます。各メディアでも取り上げられ、全国各地から連日お客さんが訪れるほど。

パンをストックする、冷凍しても美味しく食べられるようにと作られたパンは、外はパリっと、中はもっちり、しっとり。ハード系=硬い・食べにくい、という概念を覆しました。

「パンストック」のオーナーさんはレシピなどを公開し、色んな方とコラボレーションしています。「パンストック」で修業した方々も独立し、福岡各所でお店を展開。ハード系を軸とする、お店が増えどの店舗も人気を集めています。

お店が増えることで切磋琢磨し、ハード系パンのレベルが高くなるという好循環が生まれているのです。

加えて、福岡県は全国2位の小麦の生産量(収穫量)。筑後の「ミナミノカオリ」は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。近くに美味しい小麦があることも要因の一つと言えますね!

それでは編集部おすすめの「行列ができる!ハード系福岡パン屋」を5件ご紹介いたします。

1. パンストック(pain stock) 天神店/福岡市中央区天神


めんたいフランス:ハーフ 216円(税込)/1本 410円(税込)

言わずと知れた福岡の人気パン屋「パンストック」の二号店。創業当時から一番人気の「めんたいフランス」をはじめ、古代麦やライ麦を使った天然酵母のハード系パンが豊富に揃います。

「めんたいフランス」は8時30分~9時が一度目の焼き上がり。そのあと随時焼き上がるシステム。レジで販売しているのでスタッフさんのお声がけを。

オーナーの腕が光る、パンストックにしか味わえないパンをぜひ。

【パンストック (pain stock)天神店】
■TEL: 092-406-5178
■住: 福岡市中央区西中洲6-17[MAP]
■営: 8:00~19:00
■休: 月曜、第1・3火曜(祝日でも休み)

2. Yakichi(ヤキチ) 平尾店/福岡市中央区平尾


あんバター:205円(税込)

南区大橋に本店がある、「ヤキチ」二号店。小麦の風味を立たせた生地に加え、惜しまない手間暇が美味しさの要。具材やソースは一から手作りし、多くのパン通からも愛されています。

ヤキチの一番人気「あんバター」。自家製あんこと発酵バター、生地の組み合わせがベストマッチ。ハード系の生地は香ばしく、外はカリっと中はもっちり。他にもフランスパン、カンパーニュも豊富に揃っています。

【Yakichi(ヤキチ) 平尾店】
■TEL: 092-521-8810
■住: 福岡市南区那の川2-3-30 will do平尾1F [MAP]
■営: 9:00~18:00
■休: 月曜・火曜
■駐車場:あり

3. THE ROOTS neighborhood bakery(ザ ルーツ ネイバーフッド ベーカリー)/福岡市中央区薬院


ガーリックシュリンプ:378円(税込)

関西系の名店でスーシェフとしての経験を活かし、九州ではまだ中々ない大人なハード系の本格パンを焼き上げています。

ルーツではせっかくの“生”の食感を味わってほしい想いから、カンパーニュを量り売り。自家製天然酵母とルヴァン種を使用しており、食べているうちに優しくて美味しい酸味が旨味に変わります。

2022年8月1日から改装リニューアルのためお休み。9月中にはオープンするそうで、新生ルーツも楽しみですね。

【THE ROOTS neighborhood bakery(ザ ルーツ ネイバーフッド ベーカリー)】
■TEL: 092-526-0150
■住: 福岡市中央区薬院4-18-7 [MAP]
■営: 9:00~19:00
■休: 月曜
■駐車場:あり

4. 紺青(こんじょう)/福岡市早良区西新


カンパーニュ:ハーフ 367円(税込)/ホール 734円(税込)

藤崎商店街から紅葉神社へ向かう道のりにお店を構える一軒家パン屋。白砂糖不使用、きび砂糖、てんさい糖等、優しい素材でパン作りをしています。

ハード系の代表、カンパーニュは軽くて口溶け良く、香ばしいのが特徴。他のハード系パンも、酵母を使ったもっちりとした生地に、ナッツ・レーズンなどの具材などの食感、甘味も加えて、噛めば噛むほど小麦の味が滲み出てきます。

【紺青(こんじょう)】
■TEL: 092-982-7511
■住: 福岡市早良区高取1-26-63[MAP]
■営: 7:30~18:00
■休: 月曜・火曜

5. ROJIURA BAKERY(ロヂウラベーカリー) 西新/福岡市早良区西新


あんバター:237円(税込)

西新商店街の路地裏(ロヂウラ)にある、通称「ロヂパン」。九州産の小麦を使用、その他パンによって小麦を使い分けています。

低温長時間発酵などの工程を経て、小麦の甘さを感じるしっとり食感のパンが完成。ハード系の本格派、デニッシュ、ブリオッシュなどジャンルも多種多様。

曜日ごとの限定パン、季節ごとのパンも登場するのでこまめにチェックしてみてください。

【ROJIURA BAKERY(ロヂウラベーカリー)西新】
■TEL: 092-847-7710
■住: 福岡市早良区西新5-6-5-1F[MAP]
■営: 9:00~19:00
■休: 火曜

ハード系パンは、食感が癖になる美味しさ!

私は、「はしご飲み」ならぬ「はしごパン」をよくします。家で食べ比べするのも至福のひととき。なによりハード系パンの「外はパリっ」の食感に虜になっています。お気に入りのお店を見つけてパンライフを楽しんでみてくださいね。

※価格等は2022年8月時点のものです。

THE WRITER

ナッセ編集部 N子
ナッセ編集部 N子
福岡で30年以上、情報誌「ナッセ」の発行とWEBサイト「ナッセオンライン」を運営している編集部のN子。パン&スイーツ、カフェ大好き、女子力を高めたいと奮闘中です♪

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE