音楽プロデューサー・松尾潔が絶賛!マイケル・ジャクソンの隠れた名曲

音楽プロデューサー・松尾潔が絶賛!マイケル・ジャクソンの隠れた名曲

8月29日は世界的スター、マイケル・ジャクソンの誕生日。生きていれば今年64歳になる。RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』のコメンテーター、音楽プロデューサーの松尾潔さんがお気に入りの1曲は、マイケル少年時代の“お蔵入り”した楽曲だという。

 

13歳でソロデビューしていたマイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンは1958年8月29日生まれですから、生きていれば今日64歳だったということです。日本風に言いますと、来年の今日は前期高齢者ってことになりますね(笑)。2009年に亡くなったときに50歳でしたが、世のアベレージとは全く違う50歳だったので、年老いた姿を見せることなく逝ってしまったという印象です。

 

アメリカで男性だけのグループというと、New Kids On The Block、ジャスティン・ランダル・ティンバーレイクのいた’N Syncとか、いろんなグループが出てきましたが、彼らの原点になっているのは、マイケル・ジャクソンがいたジャクソン5なんだなって痛感するんです。マイケル・ジャクソンは「スリラー」やその前の「オフ・ザ・ウォール」っていう20代前半ぐらいのときの作品で世界の頂点に立つわけですが、それ以前に兄弟でジャクソン5というグループをやっていたことは、熱心なファンじゃなくてもご存知かと思います。

 

ジャクソン5は1969年にメジャーデビューした「I WANT YOU BACK」でいきなり全米No.1になって、革命を起こしました。ですが、その2年後には実はもうソロデビューしているんです。割と早い時期から、家族でのグループ活動と並行してソロ活動をやっていた。つまりマイケルは13歳のときにはもうソロデビューしているんです。

 

マイケルに関して「子供の頃ずっと家族でグループをやっていて、大人になってソロで成功」みたいな、ちょっと誤った認識に今なりつつあるようなんで、実はソロ活動も子供の頃からずっと並行してやってましたよ、っていうことを今日は覚えていただければと思います。

モータウンレコードとジャクソン家との確執

マイケル・ジャクソンがメジャーデビューしたモータウンレコードというのは、ベリー・ゴーディー・ジュニアという黒人がオーナーのレコードレーベル。初めての大きな成功を収めた黒人音楽企業です。それまで図式として、割と白人主導で、黒人が経済的に搾取されていた、みたいなことはよくあったんですが、マイケル・ジャクソンに関して言うと、黒人オーナーによってこの黒人の少年たちが搾取されていたという側面もあります。

 

家族でデビューして、マイケルより年長の兄弟がたくさんいて、メンバーの上の方はもう成人というぐらいの年齢だったんですが、この人たちは当然ミュージシャンシップっていうのを前面に押し出したくて、自分たちで作っている曲をやりたいとか、自分たち主導でセルフプロデュースやりたいみたいなのをアピールするんですけど、レーベルとしてはそれをやらせたくないわけですよ。要は自分たちにとって御しやすい存在でいてほしいと。

 

レコード会社で用意した曲をあてがって、それを、それこそモータウンっていうのは、会社があるデトロイトで自動車工業が盛んなことに由来した名前なんですが、その自動車工場の流れ作業のように「はい、曲作りました。はい歌ってください。はい世に出します」みたいな、そういうオートメーションの流れ作業みたいな感じで、絶え間なくどんどんどんどんヒット曲を出したいレーベル。

 

一方、そういう歯車の一つみたいになってしまうことに、だんだん嫌気がさしてきたジャクソン家の人たち、という図式があって、レコード会社としてはメンバーの上の方になると、結構いろいろ文句も言うから「一番若くて人気もあるマイケル・ジャクソン1人の方がやりやすいんじゃないか」ということで、「ソロの仕事をやるとマイケル、もっと目立っていいよ」みたいな悪魔のささやきをずっとマイケルにしていたようです。

 

13歳のときからマイケル・ジャクソンはソロの仕事もやるんですけど、家に帰ると兄弟の中での序列は違いますから、この辺りからマイケル・ジャクソンの苦悩がどんどん始まっていくわけですね。こんなことを言うとすごく劣悪な労働環境にいたような感じですけど、やっぱり曲に罪はないっていうか、曲はいいんですよね。

10年後にリリースされたマイケルの隠れた名曲

いま特に聴いていただきたいのは、この時期にぴったりの曲で、彼が15歳のときの歌声なんですが、実は15歳のときにリリースされたわけじゃなくて、当時お蔵入りになっていたものです。ジャクソン家が、長い戦いの末、モータウンレコードを飛び出して、メジャーレーベルに移ったあとに、古巣のモータウンレコードが、「うちのレーベル出ていって成功して。でもうちにはまだ世に出してない未発表の音源があるもんね」ってことで、半分嫌がらせのような形で出した作品なんです。

 

その曲のタイトルが、「Farewell My Summer Love」日本語訳すれば「さよなら夏の恋人」っていう意味合いの曲。今のこの時期にぴったりでしょう?1984年リリースだから、マイケルが25~26歳ぐらい、「スリラー」を出したあとでもう立派な大人になって世界のスーパースターになった後に、古巣から、ほぼ10年ぐらい前の歌声が出てきたってことですよね。僕もファンだったんですごくいいなあと思って聴いていたんですけども、この曲がヒットするたびにマイケル・ジャクソンはイライラしてたっていう話です。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE