福岡繁盛店探訪!|食の専門サイト”UMAGA”セレクト

福岡繁盛店探訪!|食の専門サイト”UMAGA”セレクト

バル気分で楽しみたい!薬院の「凛丹」でちょっとディープな北京料理を

福岡の中華料理を語る上で欠かせないお店「凛丹」。2014年に六本松でオープンした後、人気に火がつき、現在は野間、大名、薬院、鹿児島市の4店舗で展開しています。薬院の「凛丹一碗居」は、「その日の気分でわいわい楽しんで欲しい」と、アラカルトが充実した気軽な居酒屋やバル的なお店です。ふらっと立ち寄ってもらいたいとスタートしましたが、今や予約必須な繁盛店に。「とってもありがたいことですがちょっと誤算でもありました」とオーナーシェフの河津充征さんは笑います。

UMAGA

場所は西鉄薬院駅から徒歩5分。薬院新川のそばにあります。一見すると中華料理店とはわからない、おしゃれでスタイリッシュな印象です。
最初に頼んだ「板はるさめと戻り鰹の辛子醤油ソースかけ」(990円)は、まず彩り鮮やか! 野菜料理に動物性の食材をプラスして、食べ応えのある料理に昇華させるのが河津さんのスタイルで、今回は旬の戻り鰹をオン。パクチーとケールのすっきりとした辛いサラダが食欲を刺激します。

UMAGA

次に肉料理が食べたくなって「牛バラ角煮と茄子・ジャガイモの醤油煎り付け」(1,430円)も注文しました。ベースになるのは北京の「地三鮮」という地元の食材を3種使う田舎風炒め物。強火で水分をしっかり飛ばしてカラッカラに炒って、旨味を素材に凝縮させるのは北京料理ならでは。

UMAGA

使うのは身近な食材ばかりなのに、組み合わせによって一皿一皿にハッと目が覚めるようなパンチがある。ちょっと味わったことがない北京料理を堪能できます。

UMAGA

でも珍しいだけじゃなく、何より美味しいのが魅力。「凛丹一碗居」の料理に今後も注目です。

「凛丹一碗居(リンタンイーワンキョ)」の詳しい情報はコチラ

厳選素材を炉端焼きで昇華。五感で味わう大人の嗜み 鎮座 タキビヤ。

店は中央区今泉1丁目の路地に面し、目立つ場所でないにも関わらず、日々賑わっている様子が外からでも伺えます。平尾にあった店(現在は閉店)の2号店として2015年にオープンし、“タキビヤらしい”食の楽しみ方を発信し続けています。

UMAGA

最初に注文したのは、「お刺身三点盛り」(1人前770円)ですが、運ばれてきたお皿には、魚が5種類乗っています。「あれ、注文間違えたかな……?」と思ったのがですが、実はこれ、「タキビヤ」ならではのサプライズ。価格は変わらず、「三種盛りですが、特別に五種盛りしました!」というのが定番ですが、何度経験してもうれしいサービスですね。この日は、カツオのたたき、マダイ、イサキの炙り、カンパチ、マグロのホホの5種が宝石のように散りばめられていました。

UMAGA

刺身を堪能したあとは焼き魚もお見逃しなく。赤ムツやアマダイ、大トロイワシなど、鮮度抜群の魚種をそろえています。今回は、ウロコのパリパリ感を味わってみたくて「アマダイ」(2,500円)をチョイスしました。

UMAGA

次にオーダーしたのは、「こだわりのポテトサラダ」(528円)。揚げたジャガイモの上にポーチドエッグとカッテージチーズが乗り、自家製マヨネーズが添えられた人気メニューです。一見ポテトサラダに見えませんが、フォークとスプーンで具材を潰しながら混ぜれば完成。
ジャガイモの食感や味をしっかりと感じ、シンプルな具材ながら濃密な味付けがお酒によく合います。

UMAGA

料理やお酒を味わいながら感じたのは、居心地の良さです。店内のほっこりした雰囲気とホスピタリティあふれる接客のおかげで、楽しいひとときを過ごすことができました。

UMAGA

季節ごとに、いや、定期的に通いたい心の拠り所です。

「鎮座 タキビヤ。」の詳しい情報はコチラ

素材そのものの味を引き出す、「坂田イタリアン」に惚れ込む GRIGLIA DI GAETANO

「グリリア」とはイタリア語で「炭火焼き」のことで、厳選した素材を使ったグリル料理が楽しめるレストランです。

ここは福岡に本格的なナポリピッツァを紹介して大きなインパクトを与えた「ピッツェリア・ダ・ガエターノ」の姉妹店。より食材にこだわり、本店とは違ったアプローチで本場イタリアの味を伝えてくれます。店を任されているのは、シェフの坂田直樹さん。繁盛店にはそれぞれ人気の理由がありますが、この店では「坂田イタリアン」のファンが足繁く通っている印象です。

UMAGA

手書きのメニューには最初のページに前菜がズラリと20種類以上も並び、そのほとんどに産地名が書かれています。
この日は、イタリアカルナローリ米と夏野菜のサラダ鱒のイクラのせ、22ヵ月熟成ハモンセラーノとメロン、唐津産塩ウニとジャガイモのタルトトリュフのせ、プーリア産ブッラティーナチーズと下川フルーツトマトのカプレーゼ、長崎本マグロのカルパッチョ黒胡麻のパウダー、パテドカンパーニュの6品。「季節はもちろん、その日の仕入れによって変わります」というように、まさに旬の食材のオンパレード。この内容で1人前2,000円というのは、驚くばかりのお値打ち価格です。

UMAGA

パスタも旬の食材を使ったものから定番まで約10種類のラインアップ。さらに毎日2種類の手打ちと6種類程の乾麺が用意されており、ソースに合わせて好きな組み合わせをチョイスすることができます。選んだのは、この時期だけというイタリア・ウンブリア産のサマートリュフを使った手打ちパスタ。リッチなトリュフの香りに濃厚なソースと手打ち麺が絡み合い、赤ワインにも最高に合う一皿でした。

UMAGA

炭火焼き用の肉も大分の豊後牛、宮崎の齋藤牛、福岡のむなかた牛、やよい豚などの九州産をメインに塊肉で仕入れ、坂田さん自ら捌いています。「肉も魚と同じで、自分で包丁を入れてみないと中身がわからないんです。その状態を確かめながら切り分け、最適な火入れ加減を心がけています」。肉の種類と量を選び、好みの焼き具合を伝えてオーダーすれば、特注の焼き台で炭と薪を併用したグリルの焼き加減は、まさに絶妙!

UMAGA

UMAGA
UMAGA

友人や家族との会食をはじめ、パスタで小腹を満たすのも、カウンターでワインバーづかいするもよし。様々なシチュエーションで、多くの人から愛されている気さくなレストランです。

「GRIGLIA DI GAETANO(グリリア・ディ・ガエターノ)」の詳しい情報はコチラ

UMAGA、毎日更新しています。
福岡の食情報は「UMAGA」をチェック!

UMAGA web
UMAGA Instagram
UMAGA facebook
UMAGA Twitter

THE WRITER

大人の好奇心を旅するwebマガジン。旅、グルメ、アート、インテリア、車、ファッション等の新着ライイフスタイル情報を毎日更新中!

火曜ドラマ
『夕暮れに、手をつなぐ』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE