西南学院プレゼンツ お話アカデミー 舞台裏ing

全体練習3回目

全体練習3回目

2月10日(金)お話アカデミー朗読会3回目の練習が行われました。
平日ですので、学校が終わってから18時ごろ集合して夜のレッスンです。

いつもは、会議室で練習していますが、今回はできるだけ人に慣れてもらおうと、報道制作センター内にあるアナウンス部の会議用テーブルで読み合わせをしました。
スポーツ部や制作部のディレクターも、子ども達の声を聞いています。

人前で声を出すのは少し緊張するかなと思いましたが、さすがファイナリストの子ども達。
1階のセンター中に響きわたる大きな声で読めました。

「ハルおばあさんのオルガン(なるみやますみ著)」でどろぼう役をする宝満さんは、最後の台詞に苦労していましたが、少しテンポを変え気持ちをこめることでラストのイメージをつかめたようです。

また、「ちょっとだけ(瀧村有子著)」を朗読する稗田さんと奥田さんは、5年生と2年生ですが、少しづつお姉ちゃんになっていく女の子の気持ちが伝わってくるようになりました。

「ちょっとだけ」という言葉が何度もでてきますが、強弱・緩急を工夫して変化をつけていました。

本番まで1ヶ月を切りました。

これからは、もっと練習日も密になり厳しい練習が続くと思いますが、きっと素敵な朗読ステージになることでしょう。

アナウンス部で服部アナウンサーに
指導を受けています。
宝満美桜さんはドロボー役です^^
「ちょっとだけ」を練習する奥田暖さん^^
稗田美音葉さんは「ちょっとだけ」を
大人っぽく読みます?

※ RKBアナウンサー達の朗読に加えて、お話アカデミーキッズの努力の結晶を楽しむことができる「RKBお話アカデミー朗読会」はどなたでも観覧できます。

詳しい応募方法は、当サイトかRKBラジオのトップページをご覧ください。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

バックナンバー