西南学院プレゼンツ お話アカデミー 舞台裏ing

「九州・沖縄・山口大会開を開催!」

「九州・沖縄・山口大会開を開催!」

九州・沖縄・山口の各地区審査で選ばれた27名の代表者と、各局アナウンサーが勢ぞろい。

「お話アカデミーキッズ」に選ばれた3人。
(左)白土さん。ハキハキして気持ちの良く、表現力豊かな朗読でした。
(右)伊狩君。愛されキャラの個性が会場を釘付けに。良く作品を読み込んだ独自の解釈は、審査員からも高い評価を受けました。
(下)村山さん。とても自然な読みの中に、思わず引き込まれる魅力がありました。

「西南学院プレゼンツお話アカデミー」。春から頑張ってきた子ども達にとって、今日がゴールといえます。九州・沖縄、山口各地区での厳しい審査を通過してきた27名の子どもたちが集まり、公開の審査会を行い、今年の「お話アカデミーキッズ」が誕生しました!
栄えある賞に輝いたのは、

  • 伊狩 吉尚郎君・・・読谷村立古堅小学校5年(沖縄地区)
  • 村山 歩果さん・・・熊本市立大江小学校5年(熊本地区)
  • 白土 葉捺さん・・別府市立青山小学校4年(大分地区)

毎年みなさんの朗読のレベルが上がっていると感じていましたが、今年は各地区の参加者の力が拮抗しており、本当に接戦となりました。
審査は難航を極め、「お話アカデミーキッズ」に選ばれたこの3人は、朗読の技術・表現力・発声・・・そして個性もあり、文句なしの素晴らしいものでした。

左)学校法人西南学院バークレー学長。地域の教育機関として、ずっと「お話アカデミー」を支援していただいています。
(右)お話アカデミーの実行委員長は、RKB毎日放送の飯田センター長です。
子ども達の力には本当に驚くと共に、「力をもらいました」と感動していました。

今回、準グランプリに相当する「西南学院賞」に7名、そして「優秀賞」に17名が選ばれステージで表彰を受けました。一人ひとりが気持ちを込めて、全力で練習の成果を出した様子は本当に爽やかで、会場中を暖かな雰囲気にしました。

【西南学院大学学生スタッフの活躍】
(左)RKBラジオ「スナッピー」の取材を受け、自分達が取り組んできたこと、今日の意気込みなどを気持ちをこめて伝えてくれました。
(右)受付の様子。ほかにも、誘導、表彰状作成等々、一日中笑顔で運営スタッフとして活動しました。

そして、今回もRKBスタッフと一緒に頑張ってくれたのは、西南学院大学の学生スタッフ達です。たくさんの役割を分担して、この華やかな舞台を陰で支えているのが彼女達です。 朝早くの準備から審査中の様々な業務、そして後片付けまで。厳しい仕事でしたが笑顔いっぱいで頑張りました。

【各局アナウンサー達】
(上)九州・沖縄・山口の各局アナウンサー、アナウンス部長が審査員を務めました。
(左)MRT宮崎放送の関知子アナウンサー。今回の審査委員長を務めてくださいました。
(右上)RKB田畑竜介アナが大会の司会進行役でした。
(右下)別室で審査を行なっている間に行なった、RKBアナウンサーの朗読会。

「西南学院お話アカデミー」次回は、どんな子ども達が活躍してくれるか、楽しみです!
勉強も、スポーツも、もちろん朗読も。子ども達がたくさん良い経験をして、充実した学校生活を送られますように、そして、このプロジェクトの理念である『美しい日本語で、自分の気持ちを伝えられる人になって欲しい』をこれからも実践していきたいと思います。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

バックナンバー