西南学院プレゼンツ お話アカデミー 舞台裏ing

「九州・沖縄・山口大会」へ向けて。

「九州・沖縄・山口大会」へ向けて。

2014年11月12日~27日

10月19日の「福岡・佐賀地区決勝大会」で選出された6人の子ども達が、日にちを決めて放課後にRKBに集まってきます。12月6日の「九州・沖縄・山口大会」へ向けて、RKBアナウンサーとレッスンをするためです。
11月の12日~13日にかけて一回目のレッスン、26日から27日にかけて二回目のレッスンをしました。

11/26~27には、『福岡・佐賀地区最優秀賞』の表彰式も行ないました^^
(左)田中みずきアナと樋口寛太君(右)矢武美希さん。二人とも、低学年とは思えない声量と表現力をもっています。

(左)服部義夫アナと溝口愛梨さん。お母さんと一生懸命練習してきたようです。随所に工夫がみられます
(右)上田弥美さん。前回のアドバイスをしっかり、守って読めています。

みんな、一回目にアナウンサーさんから習ったことをしっかり練習してきました。 さすがは激戦区福岡・佐賀地区を勝ち抜いてきた子ども達です。スタッフからみても、この二週間の上達振りがハッキリわかります。

(左)浜崎愛子さん(右)竹半彩乃さん。
二人とも、なんと九州大会二回目の出場と言う、たいへんな実力者です。

アナウンサーも力が入ります。
(左)茅野正昌アナ。教えることも楽しそうです(右)田中みずきアナ。作品の読み込みを身振り手振りを交えて説明してくれています。

指導にあたったアナウンサーもていねいに、ていねいに説明します。修正できたところをさらに練習し、「うん、いいと思います!」「基本はできたね!じゃあ、ここの強弱を/間を変えてみようか!?」などと誉められて、子ども達は徐々に仕上がってきました。
あとは、この状態をキープしてくださいね!
こうやって福岡の子ども達の頑張りを見ていると、この子達はもちろん、どのエリアの子ども達もしっかりと実力を発揮できるようにと願わずにいられません。

【西南学院プレゼンツお話アカデミー九州・沖縄・山口大会】
(2014年12月6日(土)西南コミュニティーセンター)
九州・沖縄・山口地区の審査を通過した子ども達が集まり、暗唱・音読の発表をします。
審査をするのは各局のアナウンサー達です。
ここで遂に、今年度の最優秀である『お話アカデミーキッズ』が誕生します!

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

バックナンバー