博多さっぱそうらん記

終了番組
松重豊演じる「謎の声」の正体は?---博多が舞台の朗読劇、後半へ

松重豊演じる「謎の声」の正体は?—博多が舞台の朗読劇、後半へ

RKB創立70周年記念として、月~金の午後2時25分から放送している連続ラジオ朗読劇『博多さっぱそうらん記』。福岡在住の作家・三崎亜記の新作SF小説を、加隈亜衣、松重豊ほか福岡出身の声優・俳優、RKBアナウンサーたちが博多弁を駆使しながら演じている。

生粋の博多っ子・福町かなめ(加隈亜衣)は、高校の同級生だった綱木博(佐藤巧)と8年ぶりに再会する。2人は博多の裏の「羽片世界(はかたせかい)」に迷い込む。そこでは、市の名前を「博多市」にしたかった勢力=カタハネと、博多市の怨念を正のエネルギーに昇華して町を守っている勢力=ハンの者とが争っていた。この争いは現実世界にも影響を及ぼし、2016年には博多駅前で大規模な陥没事故を引き起こしていた—。

櫛田神社や東長寺、川端通り商店街、博多リバレインなどのスポット、博多祇園山笠、博多どんたく、玉せせりといった祭りやイベント、また深夜のごみ収集や三社参りという、博多ならではの文化や風習という「博多あるある」が物語の随所に織り込まれている。さらに、現在放送中の第三話では「博多市実現運動」のシンボルである黄色いマスクを着用した人々が街にあふれ、混乱を避けるために市長が緊急事態宣言を出して、公園での花見を禁止する、という新型コロナ禍を想起させるような場面が登場する。

半年間の放送は7月から後半に突入。これまで、重要な場面でかなめたちの耳だけに聞こえていた「謎の声」の主(松重豊)が、ついに目の前に姿を現す。博多市の怨念によって、さっぱそうらん=大騒乱に陥った博多どんたくのパレードを収束させることはできるのか?さらに、第四話では誰もが知っている、博多を代表する芸能人も重要な役どころで登場する。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容