博多さっぱそうらん記

月~金曜 14:25 / 土曜 7:00

加隈亜衣・主演「博多さっぱそうらん記」ダイジェスト

第二話「玉せせり」その21~24

怨念の向かった先は、旧博多驛だった。そこには、「驛長」なる存在が、カタハネたちを待っていた。

「カタハネたちよ。せいもん払いではハンの者たちに遅れを取りましたが、今回は見事に怨念を集めましたね。あと少しです。あと少しで、念願の博多市が実現するのです!」

驛長は、カタハネたちをねぎらい、これで福岡市を博多市にする日が、また一歩近づいたと喜んでいる。

「ちょっと、どういうつもりね!」

かなめは博に食ってかかった。博は、「別に、あの声の主に忖度する必要はないだろう?」とうそぶく。

「ちょっと、待たんね!」

かなめは逃げようとする博の腕を取った。その時、再び、あの声が聞こえる二人。

「このままでは博多駅が、のうなって……」

博が腕をふりほどき、それ以上、言葉は聞こえなくなった。

どうにかゴミ問題は解決して、深夜のゴミ収集は、滞りなく行われるようになっていた。委員たちも出席し、いよいよプロジェクトは進みだした。だが、かなめは不安を拭えなかった。驛長という存在を、博多に害をなす不穏な存在に感じてしまったからだ。このまま、カタハネたちが「博多市の怨念」を蓄積し続けたら、いったいどうなるのだろう……。そんな不安を拭えなかった。

現在放送中!「第三話・どんたくのとおりもん」につづく

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容