【SDGsおじさん】るるるる〜るるガーデンのはじまり 「循環社会」への気づき

【SDGsおじさん】るるるる〜るるガーデンのはじまり 「循環社会」への気づき

今僕は、1日の中でカメラやパソコンよりも土を触る時間の方が圧倒的に長いです。3年前、いや1年前でさえ、そんな自分の姿を想像していませんでした。
かつての自分と今の自分、その間に何が変化をもたらしたのかを考えると「環境問題を知ったこと」と「それに対して行動を始めたこと」、この2点につきます。しかもその2つが「知る」→「行動する」の一方通行ではなく「行動した」からこそ「知る」ことができたこともあります。環境活動を始めて3年経ちましたが、いまだに好奇心が落ち着く気配はありません。

ここ3年間で継続的に「行動したこと」は大きく2つ。「ビーチクリーン」と「コンポスト」です。今の僕に大きく影響しているのは後者です。コンポストとは、生ごみを捨てずに堆肥に変えることを言います。RKBの社員食堂の生ごみを2020年4月2日から今現在(2021年11月)まで1gも捨てることなくコンポストし堆肥を作る活動を続けています。約1年半で回収した生ごみの総量は2トンを超えます。コンポスト開始から2ヶ月後、出来上がった堆肥を使って野菜を栽培し、収穫したら食堂に食材として戻す社内での「循環」も始めました。これがRKBオンラインでも配信しています「るるるる〜るるガーデン」です!

 

コンポストはなぜ始めたのか。それは循環生活研究所・たいら由以子さんとの出会いに衝撃を受けたからです。初めて会ったのは2019年の8月頃。その頃の僕のライフワークは「ビーチクリーン」で頭の中はプラスチック問題でいっぱい。それを番組として形にしようとリサーチをしていた時のことです。まず、前回のコラムで触れたボーダレス・ジャパンの広報ご担当の方に「プラスチックの事業を行っている方に会いたい」とお伝えし、2名を紹介してもらいました。
約束当日、2人を前に今僕が考えていること、そしてどんな番組を作りたいかを熱く述べました。すると2人のうちの1人が「日本のプラスチックごみが海外へ資源という名目で輸出されていること」「しかし現状はごみの処理を押し付けているような状況であること」など興味深いことをたくさん教えてくださいました。僕は初めて知る情報をたくさん聞けて満足し、お約束していた1時間が過ぎようとしていました。
もうそろそろお開きかと思っていた時、急にもう1人の方が堰を切ったように喋り始めたのです。話の内容は「生ごみ」と「土」。失礼ながら初めは「プラスチックのリサーチなのに何でこの人はそんな話をしているんだろう…」と思いながら伺っていたのですが、事業を始めて25年の経験則からくる圧倒的な内容に一気に引き込まれてしまいました。その人物がたいら由以子さんだったのです。たいらさんの話は「土」から「食」へ、そして今と昔の生活を比較しながら分かりやすく「循環」へと広がっていきました。初めて聞く話ばかりで脳をグイグイ広げられていく感覚です。話を聞いた僕は「プラスチックの次は【食】だ!」と決意。この出会いは剛力彩芽さんがナビゲーターを務めた番組「食が変われば地球が変わる」(2020年12月に全国放送)を作るきっかけでもありました。

翌日。心に火がついたままの僕は、当時の上司にたいらさんとの出会いを報告しました。その会話の中で上司から出た提案がるるるる~るるガーデンの原案「社員食堂でコンポスト」の取り組みです。
コンポストはやったこともないし、生ごみに抵抗があったはずなのにネガティブな思考が生まれず、面白そう!と思った事を覚えています。無意識でしたが、今思えば新しい取り組みを始めて会社が変わっていく瞬間に立ち会っている喜びを感じていた気がします。話が決まってからは、食堂の調理師さんに1日どれくらいのごみが出ているのかを聞いたり、設置場所を総務部に相談したり、とんとん拍子で進んでいきました。

コンポストを開始して1週間後。段ボール箱の中で、微生物が活動を始めた合図となる温度の上昇が始まりました。箱の中に手をかざすと優しい温もり。生命を感じました。段ボール箱の中身に命が宿った感覚です。「昔はこの現象が自然界で起きていたはずなのに、今は段ボール箱を使って人間の手で行う時代」。感動と共にたいらさんの話がよみがえります。
コンポストの段ボールの中身は地球の縮図だと思っています。「生ごみ」が土の中で分解され「養分」となり「野菜」が育ち人間が食べる。そこで終わってはいけません。食べ物を循環させるには、最終工程である「食べる」人間がアクションを起こす必要があります。そうしないと生産から消費への一方通行の社会になりかねません。

次回はコンポストについて詳しく解説します。

SDGsおじさん 松井聡史/RKBテレビ制作部ディレクター

【現在】カメラやパソコンよりも土を触ってる時間の方が圧倒的に長いRKB農園部(自称)。最近の仕事は、生ごみのコンポスト、畑の水やり、除草作業、野菜の販売、そして時々、番組企画書の作成。RKBラジオよなおし堂ではレギュラーでコーナーを持ち、SDGsを発信している。

【経歴】東京で約10年間、映画監督大根仁監督(「モテキ」など)に師事し、監督としてのスキルではなく、「変わったことをしたがり」な性格だけを学ぶ。2018年、地元福岡でRKBミューズに入社。同年「柴咲コウのサステイナブルな旅」を担当し、一気に環境脳となり、今に至る。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE