櫻井浩二インサイト

終了番組
テックネイティブは「パソコンが使いこなせる」という誤解

テックネイティブは「パソコンが使いこなせる」という誤解

きょうから12月、そろそろ来年の手帳が会社で配られたり、自分で用意したりする頃だ。一方、スケジュールは手帳ではなく、スマホなどで管理している人も増えてきている。

世代によって、テクノロジーとの向き合い方はさまざま。元サンデー毎日編集長・潟永秀一郎さんは、企業広報向けに発行している「PR手帳」(市販品の商品名は「広報マスコミハンドブック」)の編集に携わっていたときに知った「テックネイティブ」と呼ばれる世代論について、レギュラー出演しているRKBラジオ『櫻井浩二インサイト』で解説した。

 

元サンデー毎日編集長
潟永秀一郎

「テックネイティブ」に対する中高年世代の“誤解”

「PR手帳」の中で、博報堂DYメディアパートナーズの森永真弓さんが解説している世代論に「テックネイティブ」というワードが出てきます。あまり聞きなじみがないかもしれませんが、「スマホネイティブ」とか「デジタルネイティブ」とほぼ同義。

物心ついた時から身近にスマホとネット環境があって、それが当たり前で育った世代で、だいたい25歳以下を指します。「SNSネイティブ」とも言われていて、LINEやインスタグラム、ツイッターなどのコミュニケーションツールが当たり前の世代でもあります。

この「PR手帳」には、テック世代と非テック世代、つまり若者と中高年世代の対照表があります。たとえばデジタル端末として、テック世代はメインがスマホで、パソコンは授業や仕事などで使わなければならないときの“専用用途”です。

対して非テック世代、特に男性のメインはパソコンで、スマホやタブレットは、持ち運びできる“サブ端末”です。そこで、中高年はテック世代に対するある誤解が生じています。何かというと、中高年でスマホを自在に使いこなせる人は、大抵パソコンにも詳しいので、若者もそうだと思うこと、つまり、若者はパソコンも使いこなせるはずだというものです。

実は「就職して初めてパソコンを持った」という人は少なくなく、10代だと「スマホは使えるけど、パソコンはさっぱり」という人が結構います。ネットにつなぐだけならスマホで事足りるので、こういう人はこれからどんどん増えていきます。

ここから中高年は何を学ぶかというと、既にインターネットの入り口はスマホが前提だということです。実際、毎日新聞のニュースサイトに接続する人も、数年前にパソコンとスマホが逆転してから、その差は開く一方です。

ですから企業のホームページや通販サイトなども、スマホでどう見えるか=これをスマホ適性と言いますが、これが大事になっています。「そんなの当たり前だろう」と言われそうですが、企業の経営層の多くはパソコン世代なので、若手社員がそう言っても、なかなか変わらないケースも多いのです。

環境のある・なしで考えや行動も変わる

そして、森永さんの解説で私が何より「目からウロコ」だったのが、「テック世代は、スマホやネット環境が『ある』という前提で、考えたり行動したりする」ということでした。

スマホを電卓に置き換えて考えると分かりやすいです。数学の試験が「手計算」か「電卓持ち込み可」で、勉強の仕方は変わりますよね。それと一緒で、連絡方法やコミュニケーション、情報収集や記録の仕方など、スマホやネット環境が有る前提で考えるのが、テックネイティブ世代です。

例えば、待ち合わせで場所や時間をきっちり決めないなんて、私たち世代ではありえませんが、彼らは当日スマホで連絡を取る前提だから、結構アバウトです。「5時ごろ渋谷ね」で、後は駅に着いてから「どこにいる?」「まだ新宿だから、どっか店に入っといて」といった具合だそうです。

世代によって違う“強い”、“知っている”の意味

ちなみに、ツイッターやインスタグラムなどのSNSに“強い”という意味も世代によって違います。私たち世代は「使いこなせる」ことを“強い”と言いますが、テック世代では「コミュニケーションの輪の中心にいる」、つまり発信力が“強い”という意味で使うそうです。

もっと驚いたのは“知っている”という概念です。私たち世代は「理解して記憶している」というのが“知っている”ですが、彼らは「検索可能である」ことも含むそうです。つまり、自分の頭の中に入っていなくても、「スマホでいつでも調べられることは、知っているのと同じ」という考え方です。

ことほど左様に、「テックネイティブ」というのは、「テクノロジーがある前提で物事を考える世代」なんですね。それを「おかしい」とか「分からない」とか言っていても、これから社会の中心になっていくのは彼らですから、私たちメディアも含めて、少なくとも企業は、そこに対応できるかできないかが、未来を左右すると言っても過言ではありません。

テックネイティブに任せていても「絶対大丈夫」

でも、心配しなくて大丈夫です。どうすればいいか分からないなら、そこは彼ら世代に任せればいいし、少なくとも聞く耳を持って邪魔しなければ、対応できます。

流行語にもなっている「ジャマおじ」「ジャマおば」にならなければいいだけです。だって、私たち中高年は、ウインドウズ95が出てからの激変の四半世紀を乗りきってきたじゃないですか。

ワープロがパソコンになり、ポケベルが携帯になりスマホになり、20年前に誰が今みたいな、それこそ家からZOOMで会社の会議に出たり、外からスマホで会社に資料を贈ったりって想像しましたか?

でも今は、それを当然の事として仕事をしていますよね。若いころは「新人類」と呼ばれ、それが今や旧人類になっても生き残っていますから(笑)。ヤクルトスワローズの高津臣吾監督じゃありませんが、「絶対大丈夫」です。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

番組SNS

  • Radiko
番組
SNS
  • Radiko