PageTopButton

走行中の列車の窓ガラスが割れる 床には破片が散乱 JR香椎線

ニュース

JR九州によりますと13日午後6時ごろ、JR香椎線の土井駅(福岡市東区)と伊賀駅(福岡県粕屋町)の間で香椎発宇美行きの普通列車(2両編成)の窓ガラスが割れているのを乗務員が発見しました。
2両目の窓ガラスが割れたということです。
乗客が撮影した映像をみると窓ガラスは大きく割れ、車内の床には破片が飛び散っています。
列車は走行中で窓の近くにも乗客がいましたが、けが人はいないということです。

窓ガラスが割れた列車は緊急停車したあと、乗客を安全な1両目に移動させ近くの伊賀駅まで運転しました。
そこで運転士が仮処置をしたあと運転を再開したということです。

この影響で、JR香椎線は上りの普通列車が1本運休したほか、普通列車5本に30分ほどの遅れが生じました。
JR九州は窓ガラスが割れた原因について「調査中」としています。また、警察も現場を調べています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」

ニュース

もっと見る