PageTopButton

パ・リーグ「月間MVP」にホークス近藤健介選手 打率・安打数・出塁率などトップ

プロ野球パ・リーグの8月度月間MVPに、福岡ソフトバンクホークスの近藤健介選手が選出されました。

19打点もリーグ2位

 

近藤選手は8月、24試合に出場。打率3割6分5厘、31安打、62塁打、出塁率4割6分5厘はいずれもリーグトップの記録だったほか、19打点もリーグ2位の数字でした。

ホークスに移籍後初の受賞

 

また、7本のホームランを放ち、プロ12年目で自身初の20本塁打にも到達しました。近藤選手が月間MVPを受賞するのは、日本ハム時代の2021年以来、2度目。ソフトバンクホークス移籍後は初の受賞となりました。
 

「まずはクライマックス進出を」

 

近藤健介選手「1か月ごとにフラットな気持ちで、試合を迎えている中で8月は特に状態が良かったと思います。さらに賞までついてきて非常に良かったです。タイミングというか月ごとに良くなってきた成果だと思います。特別変えたことはありません。優勝は難しいですが、まずはクライマックス進出、そして日本一になれるようにチームの勝利に貢献したいです」

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」