PageTopButton

財津和夫、武田アナの重大報告にも「いじわる爺さん」になりつつ、最後は優しいエールを贈る

ラジオ

TULIP・財津和夫が、ときにはライブの声援に改めて感謝する『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。そして、今回は武田伊央アナウンサーから番組をお聞きの皆様へ、ご報告をいたします。
なお、今回は、ソフトバンクホークス実況中継(18時試合開始)のため、13時45分(午後1時45分)からの放送となりました。

財津、ライブ声援の内容を選んで(?) 喜ぶ

まずは、TULIPのアンコール公演追加の報に嬉しくて泣き崩れた、というファンのお便りを紹介。
コロナ禍対応の変化で、やっとライブで声援がおくれるようになってからは「財津さ~ん」「ガーリー!」等とステージに向かって叫んでいる、とのメッセージに財津が「声援を送ってくれるのが嬉しい。『姫野さ~ん』と言うのが無いのが嬉しいです」と、またひねくれた反応。武田は「そこですか」と大笑い。
続いてのリスナーのお便りでは、息子の結納で婚姻届けの証人記入を終えた時、息子が出席した両家の方々に向かって「両家の『幸せ契約』が結ばれました」と言った、という報告のメッセージ。
TUIPファンの方なら聞き覚えのある『幸せ契約』という言葉だが、そんな緊張した場面にさらっと使える息子さんはものすごく責任感が強い男か、あるいはものすごいチャラい男か、会ってみたいと財津が興奮気味に言う。
今日の一曲は、その「♫『幸せ契約』ぼくと交わそう」というフレーズが印象的に使われているTULIP「We Can Fly」。1982年(昭和57年)に発売された通算21枚目のシングル。ライブで演奏されることも多く、50周年記念ツアーでも演奏されている。

武田伊央アナから番組卒業のご報告

7月放送分のradiko news(ラジコニュース)の写真では、財津と武田アナが福岡タワーをバックに二人が並んでいたのですが、「武田の左手の薬指に指輪を発見した」というお便りを頂きました。カメラマンも武田本人も全く気が付かなかったのに、よく見つけていただきました。
そして、武田アナから番組をお聞きの皆様へご報告です。「かなりご報告が遅れておりました。私事なのですが、昨年3月に結婚をいたしました。そして、この度新しい命を授かりました。番組が始まってから2年半が経ちまして、財津さんが『RKBラジオに出続ける!』と言って下さる限りは、私が絶対にお相手を務めて行こうと思っていたのですけれども、今日の放送で番組を卒業する事となりました」
ここで、いじわる財津爺さんが大活躍(?) し、間髪入れずに「ああ良かった~」とわざとらしく言ったのだが、武田は動じることなく大声で笑って返し、「もうちょっと待ってください。『良かった~』は番組(収録)が終わってから言って下さい」と財津をすぐに制す。「されど母は強し」ではないが、この2年半でいじわる爺さんの操縦法も随分と身につきました。続けて
「・・・1年以上前に結婚しておりまして、そしてこのたびお休みに入らせていただきます。番組にお寄せいただいたたくさんのメッセージで、お聞きいただいた皆さんのTULIP、そして財津さんの事が大好きという思いに触れて、その輪の中に少しでも入れて頂けたというのが本当に幸せだったな、と思います」
武田の夢として、これからもアンコール公演を更に追加して3~4年後にこどもを連れて行きたい、と財津に熱くお願いするが、財津はハッキリと「ごめんなさい、それは無理です。夢を壊すようで悪い・・・夢を変更して・・・僕の事よりも、どうぞ健康に過ごしていただいて、可愛い可愛いお子様が誕生される事を祈っております」と答えた。
武田アナウンサー、2年半径130回の番組アシスタント本当にお疲れ様でした。次回からのアシスタント役は、下田文代アナウンサーが務めます。

次回10月1日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定ですが、野球中継が延びた場合は放送時間が変わる(繰り下がる)場合があります。
かつて財津和夫が初主演したドラマ等についてお話しします。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう