グランドメゾン presents 財津和夫 虹の向こう側

グランドメゾン presents 財津和夫 虹の向こう側

日曜 18:15

番組概要

財津和夫がふるさと・福岡のこと、また、上京後の日々を振り返り印象的なエピソードを語ります。 アメリカンポップス、ビートルズや、同時代を生きてきたニューミュージックといった音楽が語りのスパイス。 時には福岡に来るアーティストをスタジオに迎えてのトークも。
リスナーからいただいたお便りにも応えながら、日曜日の夕方、「明日から、ちょっと、がんばろう」皆さんにそう思って頂けるひとときです。

出演者

財津和夫
■プロフィール
1948年2月19日生まれ、福岡県出身。1972年、東芝レコードより「魔法の黄色い靴」でデビュー。3作目の「心の旅」(1973年)がオリコン・チャート第1位を獲得後、「青春の影」 (1974年)、「虹とスニーカーの頃」(1979年)等のヒット作を発表。コンサート1000回を記念し、よみうりランドを1日貸し切って「TULIP LAND」と題した「1000th LIVE」(1982年)芦ノ湖畔にシンボル・パゴタの塔を建てての野外コンサート「8.11 パゴタ」(1984年)など、チューリップは現在のJ-POPアーティストの先駆けとなる大イベントを数多くこなす。チューリップはアルバム34枚、シングル34枚を発表、1244本のコンサートを行い、1989年、18年間の歴史を閉じる。(チューリップは1997年以降、期間限定で再結成し、全国ツアーを行なっている。)チューリップの活動と並行して1978年からソロ活動をスタート。「WAKE UP」(1980年)はセイコーのCFソングとなり大ヒット、1993年には 「サボテンの花~ひとつ屋根の下より~」がドラマの主題歌となる。作曲家として楽曲提供、アーティスト・プロデュース、ミュージカル音楽制作、俳優などとしても幅広く活躍している。

アシスタント:武田伊央(RKBアナウンサー)
■プロフィール
出身地:福岡県福岡市
誕生日:1994年 2月14日
趣味:旅行、カメラ、美味しいものを食べる、手先を動かす
担当番組
テレビ:「タダイマ!」「サンデーウォッチ」
ラジオ:「♯いおれな」「おしゃべり本棚」

今回の放送内容

財津和夫、「E.T.」公開記念日に映画と宇宙を振り返る

財津和夫、「E.T.」公開記念日に映画と宇宙を振り返る

TULIP・財津和夫が、時には大好きな映画のウィットに触れる『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回のテーマは「宇宙」について。

月にはウサギもかぐや姫もいる、と信じていた

今はもう勿論信じては無いが、昔は本当に月にウサギもかぐや姫もいる、と思っていた財津少年。「昔の人はいろんな思いを馳せながら月を仰ぎ、星座を眺めていたのだろう。かたや現代人は科学が発展してちょっとつまんない」とつぶやく。

放送日の12月4日は、40年前の1982年(昭和57年)に、大ヒット映画「E.T.」の日本公開日。武田アナが生まれる前の作品であり、全編を通しては観たことがないという武田の反応にびっくりしつつ、財津が「未知との遭遇」や「E.T.」などのスピルバーグ作品の繋がりを映画通らしく武田にレクチャーする。ブラックホールやホワイトホール、ダークマターといった宇宙の謎を知りたいという財津。若い頃からの宇宙への興味は今も尽きていない。

今日の一曲は「星空の伝言」。TULIP22枚目のシングル、1983年(昭和58年)発売。

普段着だから、ステージでリラックスできる

元々メンドクサガリヤなので(ドラマなどで)髪や服をセットされるのが嫌で、スタイリストがいるとむず痒くなってしまう、という財津。ステージはいつも普段着のようにしているが、もちろん着て来たものからは(楽屋で)着替えている。「散歩がてら、あ、これはいいな、と思ったらパッと買ったりする。特にお気に入りの店などはない」というのが、財津のステージ衣装へのこだわらないこだわりのようだ。

次回12月11日の放送も、通常通り18時15分(午後6時15分)から。
正月前のこの時期ということで、「片付け・大掃除」についておしゃべりします。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.11.27
  • エンタメ
  • ラジオ

関連キーワード

番組SNS

  • Radiko
番組
SNS
  • Radiko