PageTopButton

財津和夫、アンコール公演の新企画をツアー開始前にちょっとだけ告白する

ラジオ

TULIP・財津和夫が、ときには(いやもう何度も?!)ビートルズの歌を初めて聞いた時の衝撃を語る『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。そして、今回は来週から始まるアンコール公演についての情報もちょっとだけお伝えします。

自分が作ったのに自分で聞いても気持ち悪い曲だらけ?!

数十年ぶり故郷へ戻ることになった、というリスナーからのお便りを紹介したあと、財津が故郷についての想いを語り始める。
「下田さんはふるさとが福岡だから、どこか別の場所で長く生活した事がないので今から僕の言う事がわからないと思いますが」と前置きをした後、「東京で50年間過ごして、ふるさとがガンガン迫ってくるんです。それでこの番組も(オファーがあった時に)『是非やらせてください!』とお願いしましたし、福岡に長くいたいなぁと思う今日この頃なんです」と、この番組も含めての、福岡への想いを正面から吐露する。
そして、お便りの最後の言葉「財津さんの歌が大切な宝物です」には、「そう言ってくれると嬉しい・・・でも本当に大丈夫ですか、僕の歌で。変な歌沢山ありますよ。今、自分で聞いても気持ち悪いなぁというような曲いっぱいありますからね」と茶化しているのか照れているのか、相変わらずおどけて見せる一面も。

最初の出会いは映画館

リスナーが送ってくれたアビーロードの写真に感激した財津。TULIPがレコーディングのため渡英し、アビーロードスタジオを訪れた時の思い出話が始まる。
「これがポールが弾いたピアノだな、これがジョンが座った便器だな(たぶんここはネタ話)、ここがリンゴが歩いた廊下だろうな、ジョージがここでタバコ吸ってたんだろうな」とスタジオ訪問時に想いを馳せたようで、今でもそれが良い思い出だと告げる。
財津とビートルズの出会いは、昨年11月に当番組で4週連続放送した『財津和夫、ビートルの邂逅ズを語る』の初回(2022年11月6日放送)でお伝えした通りだが、改めて今回の放送でも下田アナの質問に答えるよう紹介する事に。友達に誘われ、当時高校生の財津が、福岡センターシネマで上映されていたビートルズの初主演作「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」を観に行ったのが最初の邂逅。
「イギリスなので、テイストが違う。ドタバタギャグではなく、クールな静かなブラックユーモアーが漂い、カルチャーショックを受けながら最後まで観た。音楽が頭にこびりついてしまって、映画館を出た後も音が頭の中で流れながら、どこからどこまで歩いたか覚えてないぐらい本当にショックを受けて、次の日からビートルズ!ビートルズ!ビートルズ!となってしまった」と今回もその時の興奮そのままに、一気に喋る。
実は、映画に誘われた時は行く気が無かったのだが、なぜ観る事になったのか、その理由も今回の話の中に含まれているのだが、その部分は放送を聞いてのお楽しみとしましょう。
今日の一曲は、ザ・ビートルズ「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」。1970年、イギリス版のアルバム「レット・イット・ビー」に初収録。

アンコール公演では、TULIPらしくない曲も準備

いよいよ来週の10月15日、TULIP50周年記念ツアーアンコール公演が、鳥取県米子市からスタートする。「今回、新しい試みってあるんでしょうか」と下田アナが質問すると・・・
「今回は追加公演なんで、割と自由にわがままやって僕が楽しもうと思ってるんですね。なので、こんな曲やってみようと浮かんだ曲があるんで(声を低くしながら)それをやってみようと。ちょっとTULIPらしくないですよ・・・だからやりたいんです」
財津本人からの「企んだ」かのような事前情報、アンコール公演に行かれる方は楽しみ倍増ですね。
次回10月15日の放送は、クライマックスシリーズ中継のため14時(午後2時)からに変更となります。放送直後の次回予告の内容と異なりますが、どうぞご注意・ご了承ください。
財津爺さんが得意と自称する「ダジャレ」と「おやじギャグ」についてのお話をお送りします。
 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」