PageTopButton

音の星をつなぐ|アナウンサーコラム

暮らしアナウンサーコラム

初めて「空想」を目にしたその日から、私は魅力にとりつかれている。銀色のスーツ、巨大な怪獣、奇想天外な科学……。半世紀前の作り手の本気に胸を打たれた。それは、日本が世界に誇る文化「特撮」のらん熟期であった。

私が企画・脚本・演出を務めた昭和特撮風ヒーロー活劇『空想労働シリーズサラリーマン』が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信中。あくまで特撮「風」。画のない音声ドラマだからだ。

キーワードは「空想と想像」。特撮とは、空想の事柄を形にする作品ジャンルである。そして音声メディアは、音のみで聞き手の想像をかき立てる特性を持つ。ならば、音声の力で想像を喚起し、どんな空想も聞き手の中で形にしてもらえると思った。

巨大ヒーローの世界をありありと描きながら、日々の音に耳を澄ませた。ドライヤーの音を光線音に、ペットボトルの音をビル破壊音に、ストローの音を巨大生物のうなり声に……。日常のありふれた音が空想の世界を創造していく。特撮への愛が深まるとともに、音声メディアの可能性を感じた瞬間でもあった。古来より人間は夜空に浮かぶ星を眺め、神々や怪物の姿を想像してきた。私たちは「音」という星々をつなぎながら空想を形にしている、と言うとかっこつけすぎだろうか。
 

10月21日(土)毎日新聞掲載

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

冨士原 圭希

RKBアナウンサー

xinstagram

出身地:千葉県野田市 誕生日:3月20日 趣味・特技 趣味 映画、テレビ、ラジオ、仏像鑑賞 特技 啖呵売(物を売るための口上。立板に水の話芸に憧れて)

担当番組

テレビ

タダイマ!

テレビ

金曜ビッグバン!

ラジオ

連続ラジオドラマ ~シアワセの高取家~

ラジオ

カリメン

ラジオ

空想労働シリーズ サラリーマン

ラジオ

冨士原圭希 日曜のウラ

ラジオ

おしゃべり本棚

ラジオ

エキサイトホークス