PageTopButton

闘牛の島で

テレビ

1トンを超す牛のぶつかり合い。
全力で闘う姿にこの島の人々は狂喜乱舞する。鹿児島県の離島・徳之島は、 400 年以上前から続く「闘牛文化」が今も生活に深く根付いている 。
當虎太朗(あたりこたろう 13)くんと喜宗(よしむね 12 )くん 。
父親と共に「龍角台風」(たっちゅーたいふう)という名前の牛を育てている。
毎朝2時間ほどかけて 、牛小屋を掃除し、エサを与え 、ブラッシングするのがふたりの日課。
夢は、島で一番強い牛『全島一チャンピオン』を育てることだ。
去年6月、龍角台風に異変が起こった。
熱中症になり、一時は立つことさえもできない状態に。もう闘えないと大人が諦める中、復活を信じ看病を続けたのは兄弟だった。
この夏、龍角台風が小さな闘牛大会に出場することになった。熱中症になってから挑む、初めての試合。闘牛の島・徳之島で、牛と暮らす兄弟の日々を追った。
 

(制作:MBC南日本放送/丸峯 加菜子)

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」