PageTopButton

ひなた家族の古民家ライフ

宮崎県日向市の美々津地区は江戸・明治期の建造物100軒が立ち並ぶ伝統的建造物群保存地区に指定されています。その街並みは多くの人を惹きつけますが、高齢化による空き家も目立ってきました。金丸文武さん(42)と妻の奈緒さん(40)は6年前、文武さんのふるさと・美々津に移住。築160年の古民家を改修し「ひなた屋」という居酒屋を開きました。

 

飲食店を開く前は、バックパッカーとして世界中を旅していた2人。大阪出身の妻・奈緒さんは66か国、文武さんは89か国を旅した筋金入りの旅好き夫婦です。2人のお店には県内外からもお客さんが訪れ、美々津活性化の要になっています。世界を巡ったからこそ地域で生きることを大切にする2人。3年前には廃旅館を改装したシェアハウスをオープン。双子の女の子も誕生し、子育てをしながら忙しい日々を送っています。

 

そんな2人がまた新たな取り組みを始めました。妻の奈緒さんの長年の夢だったアンティークショップ。去年10月には3週間ほど買い付けのため家族でヨーロッパへ。子育て、居酒屋、シェアハウス、そしてアンティークショップの開店準備と奮闘する金丸ファミリー。地域と共に生きる日常を描きます。

 

(制作:MRT宮崎放送/高橋 晋作)

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」