PageTopButton

オリンピックランナーが率いる“新生安川電機”専門トレーナーが「メンタルトレーニング」【九州実業団毎日駅伝】

スポーツ駅伝

駅伝九州ナンバー1を決める九州実業団毎日駅伝が、11月3日(金)に福岡県北九州市で開催されます。北九州市に本社を置く、安川電機。ロンドンオリンピックでマラソン6位入賞を果たした中本健太郎監督が駅伝で初めて采配をふるいます。

世界で活躍した名ランナーが経験を“伝授”


「じゃあいきましょう、お願いします」
「お願いします!」

今年3月からチームの指揮をとる中本健太郎監督。2012年に開かれたロンドンオリンピックの男子マラソンで6位入賞を果たすなど、世界の舞台でも活躍した名ランナーです。

中本監督「私自身もオリンピックランナー、世界に羽ばたけるランナーを育成したいと思っているので、自分の経験を伝えながら」

ゲーム感覚?メンタルトレーニングを採用


中本監督が練習に採り入れたのがメンタルトレーニングです。約2か月に1回、専門のトレーナーがチームを訪れています。

「鼻からゆっくり息を吸って、吸って・・・止めて、はいてリラックス」

中本監督「練習とか試合を見ているなかで、なかなかパフォーマンスを発揮できなかったり、気持ち的にも沈みがちな選手を見ていたなかで、精神力が鍛えられればさらに競技のパフォーマンスをあげられるのではというところで採り入れはじめました」

ゲーム感覚で楽しめるメニューも多く、選手たちも明るい雰囲気で取り組んでいます。オリンピックランナー、中本健太郎監督が率いる“新生安川電機”。毎日駅伝で存在感を放てるか、注目です。

中本監督「チームとしては3位以内を目標にしている。しっかりそこに届くように。初の采配になるんですけど、チームを盛り上げて、戦える準備はしたい」

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

スポーツ

もっと見る