PageTopButton

患う、描く、笑う ~難病画家 奮闘の日々~

テレビ

宮崎県都農町在住の岡村恵子さん(70)。
岡村さんは、65歳の頃に手足が震えたり体が思うように動かなくなったりといった症状の出る難病「パーキンソン病」と診断されました。
当時は、受け入れがたい現実に頭が真っ白になったといいます。しかし、「落ち込んでばかりいてはだめだ、体が動かせる限り自分の好きなことをしたい」と難病と向き合いながら、若いころ好きだった絵画を描き始めました。

その腕前は、県内の美術展に出展するほど。
病気は少しずつ進行し、手首の震え、体の痛みがある中で、これまでに20以上の作品を制作してきました。

そんな岡村さん、絵を描く以外にも…
同居する103歳の母親の世話をする傍ら、10年間小学校の授業をサポートする仕事を続けるなど活発に活動をしています。

難病と向き合いながら一生懸命に生きる姿を追いました。
 

(制作:MRT宮崎放送/下川 祥子)

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」