PageTopButton

奨学金を“肩代わり”して求心力アップ↑「新卒採用」強化のため企業が最大180万円を負担

ニュース経済

九電工は来年4月の新入社員から奨学金の返済を肩代わりする制度を導入します。人材の確保が目的です。

月1万5000円を上限に“代理返済”


九電工が来年4月から始めるのは、日本学生支援機構から奨学金を借りていた新入社員を対象に、月額1万5000円を上限に本人に代わって返済する制度です。期間は最長10年間で、最大180万円を会社が負担します。九電工は、人手不足のため仕事を受けられない事例が出ているため、新卒の採用を強化して、人材の確保につなげたい考えです。

求心力アップ?3割ほど多い学生が入社予定

来年春に入社予定の内定者については、辞退者が例年より減少し、今年より3割ほど多い約130人が入社する予定で、九電工は制度の導入がひとつの要因になったとみています。担当者は「労働時間に上限が課される2024年に向けて人材を確保したい」と話しています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

ニュース

もっと見る