PageTopButton

財津和夫、新曲を出すなら琵琶弾いて琵琶法師のような曲で、と呟く

TULIP・財津和夫が、時には映画大好きな一面を見せる『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回は、たくさん収集した映画パンフレットの話や、もしかして新曲を出すならこんな感じで、という話もお聞きいただきます。

 

半端ない収集癖

高校生の時、TULIPのコンサートに行けなくて、同級生から買って来て貰ったパンフレットを今でも宝物にしている、というリスナーのお便りを紹介。
財津が「パンフレット」といえば、ご存じ大好きな映画のパンフレットの話になるのは必然。
「絶対、俺はずっと集めるんだと思って。4畳半の壁一面に横に平積みにしても、天井まで届くぐらい」たくさんのパンフレットを買って収集していたらしい。が、「なんでかな、ある時、めんどうくさくなってやめました」
いま、そのパンフレットどこにあるんでしょう、と下田アナが尋ねると
「ほんとにわからないんですよ」と。…かなり以前の放送でも、映画パンフレットは捨てちゃったか、いや捨てられちゃったかなぁ、と悲しいような、でもサバサバしたような話が出ましたので、番組側でこっそり調査しています。どうやら事務所の方で大切に保管(移管)してあるらしいですよ、財津爺。


今日の一曲は、TULIP「ブルー・スカイ」。1977年(昭和52年)にシングルレコードとして発売されています。虹と同様に空もTULIPが良く取り上げる題材ですが、明るい空が悲しさのシンボルという逆説的な詞が心を打つ曲です。


次回1月7日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定です。
「憧れ」についてお話しします。
 

新曲出すなら琵琶法師として

ビートルズが新曲を出したのだから、TULIPもぜひ新曲を、というリスナーのお便りを紹介。
「バンドのピークの頃の曲を聞きたくて、皆さんコンサートに来てくださってるんですよ。それ以外の曲は皆さんあんまり興味がないと思いますね。まして新曲なんて。やめてよっていう人もいると思います。僕もその1人です」
「なんか恥ずかしくない、もうこの年になって新曲なんて。もし出すんだったら、TULIPということじゃなくて、個人的に枯れた感じで、等身大で琵琶弾いて琵琶法師が歌うような感じの曲を出してもいいかもね」
下田アナも言っていますが、ソロなら今の財津和夫が表現できるのでしょう。今の自分を、小出しでもいいですから公開していってくださいね。
では、皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。
 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」