PageTopButton

財津和夫、カバーアルバムやカバーソングのソロコンサートの可能性について言及する

ラジオ

TULIP・財津和夫が、時には若かりし頃の淡い想い出について語る『財津和夫 虹の向こう側』。今回は、中学卒業時の財津少年のはかない失恋体験を振り返ります。また、番組の最後で、カバー曲についての思いがけない話も飛び出します。

 

今でも「東京」には委縮してしまう「九州もん」

来週2月18日に東京・国際フォーラムで行われるTULIPアンコール公演に参加予定のリスナーメッセージを読んだ財津。「東京のコンサート、毎回緊張するんですよ。だって九州で生まれて九州で育って・・・まあね、東京を見たら『花の東京』のような外国のような・・・そんな場所という思いをずっと今まで引きずっていて東京というとなんかすぐ委縮しちゃうんですよね」
東京での暮らしの方が長くなったのでは、と下田アナが問いかけると、「そうなんですけど、東京に染まろうとしても染まれない・・・三つ子の魂なんとやらって言いますけど、生まれ育ったところが凄い影響力を持っているんですよね。それを善しとして生きて行かないと」と財津が自分に言い聞かせるように呟く。
東京のコンサート会場で緊張する財津さんを、きっと皆さんが温かく迎えて下さるでしょう、と下田アナが締めの一言。二人共々、番組からも宜しくお願い申し上げます。
 

大告白&失恋をほろ苦く振り返る

放送日の3日後は2月14日、そうバレンタインデー。今年もまた、その話題という事で。
「僕らの世代だと、あんまり親しみを感じないんですよね。降って湧いたような、そんな日だな、と思って」
確かに世代的には、ハローウィーンしかり、恵方巻しかり、ひょっとしたらクリスマスすら馴染めない、という方もいらっしゃるかもしれない。
昔と最近のバレンタインデー事情を下田アナが振り返った後、本題の告白話へ。バレンタインデーには馴染みがない財津だが、異性への告白経験については
「もう小学生の頃から何度も何度も何度も何度も何度もありますよ。今4回しか言いませんでした(※実際は5回言っている)けど、もっとあります。」
告白の方法については
「中学生になると、隣のクラスの女の子がずっと好きで。でも、僕らの時代って男女の接点が見つからないじゃないですかすか。しょうがないんで、やっと卒業式の日、下校していく時に千早(ちはや)の陸橋※で、風が強いんだけどもその向かい風の中を僕は走って、彼女の背中に向かって『すみません』って声を掛けたら、セーラー服の彼女の襟がひらりと動いて、振り向いてくれました。それで持っていた封書を『これ、読んでください』って言って渡しましたね」
しかし、その恋は残念ながら成就しなかった。彼女からの断りの返事はなぜか財津の兄が読んだものの、返事が来たこともその内容も全く知らされなかった財津少年は、指定した待ち合わせ場所の海岸で、夕日が沈み終わるまでずっと待っていた、と一番大きな告白&失恋体験を語ってくれました。
(※千早陸橋:現在の福岡市東区千早にあった、およそ500mもの長さの陸橋。操車場跡地の区画再整理に伴い、現在は撤去されている)


今日の一曲は、TULIP「愛の迷路」。1984年(昭和59年)に発売されたアルバム「I dream」に収録され、同年シングルカットでも発売されている。

 

カバーアルバムやカバーソングのソロコンサート宣言?!

カバーアルバムを作って欲しい、というリスナーメッセージを紹介。
他人の曲だから、権利問題が面倒で・・・と最初は少し煙たい言い方をしていた財津だが、「そうですね、ライブじゃないから(下手なら)何度も歌い直せるし、カバーアルバムは作りたいなと思う。実は、ソロコンサートを今後やる事があるとしたら、ステージでカバー曲ばかり歌いたいな。自分の歌って、これを客席に届けなきゃいけないと思うと、仕事モードになっていくんだけど、カバーを歌うと楽しいんでね。本当に何かもう子供のような自分になれるんですよね。他人の曲って本当にいいよ。本家本元、その方がいいに決まってるんですけど、自分なりの解釈でまた楽しめるんですよ。私はこう書いて歌ってみようと微妙にね、マイナーチェンジするところも楽しいんですよね」とノリノリな重大発言が飛び出すことに。カバーアルバムやカバーソングコンサートの可能性もあるようです!皆様どうぞお楽しみに。
 

次回2月18日の放送は、通常通り18時15分(午後6時15分)からの予定です。
メガネにまつわるお話をお送りします。
 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」