PageTopButton

「自分の生活から出せるテーマがある」西南学院大学でドキュメンタリー制作の授業が来月開講 同世代の作品から学ぶ上映会

西南学院大学で来月からドキュメンタリーを制作する授業が開講するのを前に、同世代の学生が制作した作品の上映会が開かれました。

同世代の作品から学ぶドキュメンタリー制作の姿勢や考え方

福岡市の西南学院大学で2日開かれたのは、上智大学の学生が制作したドキュメンタリーの上映会です。

上智大学の水島宏明教授は元テレビ局のディレクターで、ゼミ生の作品は質の高さで全国的に知られています。

西南学院大学法学部の田村元彦准教授の講義でも
来月からドキュメンタリー制作の授業がはじまる予定で、先行する水島ゼミから学ぼうと
企画されました。

「自分の生活から出せるテーマがある」見る人に共感される作品とは?

水島ゼミでは自分を紹介する3分程度の映像を作ることから始めます。

実際の映像が流されると、学生は同世代から制作に対する姿勢や考え方を学ぼうと真剣に見入っていました。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」