PageTopButton

1回目は志賀の島と志賀海神社について

安曇族の拠点となった所は福岡市の湾の入り口にある陸続きの島、志賀島だといわれています。
安曇族は、この島を拠点に玄海灘で船を縦横無尽に操り、主に朝鮮半島などとの交易を行ってきました。
この安曇族が信奉していたのが志賀海神社です。

この神社に伝わる祭りはいまでも、多少形は変わってはいますが、そのまま受け継がれています。
祭りは1月に行われる歩射祭からスタートします。
1回目はその歩射祭から紹介していきます。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」
radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

坂田 周大

RKBアナウンサー

出身地:長崎県長崎市 誕生日:3月10日 趣味・特技 音楽鑑賞、レコード屋巡り、オーディオ探究(電源タップを自作した!)、革細工(小物中心)、映画も好き

担当番組

テレビ

志、情熱企業

テレビ

サンデーウォッチ

ラジオ

Toi toi toi

ラジオ

おしゃべり本棚

ラジオ

オーディオのじかん

ラジオ

古代の福岡を歩くステージA海の道から空の道へ~安曇族の足跡を探る~