PageTopButton

「安曇族の足跡を探る」の2回目も志賀海神社です。

弓を射る行事、歩射祭が行われる前日にも行事が行われます。
弓を射る射手士は8人。

8人で100キロもある束にした俵~胴衣をかつぐ行事が胴衣舞という行事。
胴衣をかつぐのは新参という今年から参加した人。

たった一人で、神社から200メートル先の頓宮まで方にかつぐのですが、それを他の射手士が脇で支えながら、右に左にゆさぶりながら歩くのです。

この行事にはお囃子もついて歩きますから、射手士は歌も歌いながらかつぐのです。
この行事が終わって、午後から待ってるのが勝馬詣という行事。
本殿西の海岸、勝馬で海に入り海藻のガラモをとる行事があるのです。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

坂田 周大

RKBアナウンサー

出身地:長崎県長崎市 誕生日:3月10日 趣味・特技 音楽鑑賞、レコード屋巡り、オーディオ探究(電源タップを自作した!)、革細工(小物中心)、映画も好き

担当番組

テレビ

志、情熱企業

テレビ

サンデーウォッチ

ラジオ

Toi toi toi

ラジオ

おしゃべり本棚

ラジオ

オーディオのじかん

ラジオ

古代の福岡を歩くステージA海の道から空の道へ~安曇族の足跡を探る~