“食の新名所”「天神イナチカ」を公開~4店舗が九州初進出 福岡

福岡市の再開発事業=天神ビッグバンの第1号として、去年9月末に完成した「天神ビジネスセンター」の飲食ゾーンが、27日に報道陣に公開されました。

天神の新たなランドマークとなる地上19階、地下2階の天神ビジネスセンター。その地下2階に誕生した飲食ゾーンは、ビルが面する「因幡町通りの地下」にちなみ「天神イナチカ」と名付けられました。

■記者リポート「和食や中華、イタリアンなど様々なジャンルのお店が出店していますが、それぞれのお店に仕切りがなく、一体感のある雰囲気になっています。

こちらは、ミシュランガイドの星付きレストラン「sio」が手がけるカジュアルイタリアンです。

■sio 鳥羽周作オーナーシェフ「東京の丸の内で連日満席、思い入れのあるお店を福岡の天神に出せて嬉しいです。そんなに高くないイタリアンを楽しみたいっていう人には、みんな喜んでもらえると思います。勢いに乗ってもう1店舗パスタ専門店を出したんで・・・こちらになります」

案内されたのは、1000円前後のリーズナブルな価格で提供するパスタの専門店です。看板メニューは明太子のパスタです。

■記者リポート「すごく麺がモチモチですね」

■sio 鳥羽周作オーナーシェフ「生麺を使用していて、ボール型の入れ物にして、ソースがよくからむようにしている」

こちらは、炉端焼きで有名な福岡の居酒屋「磯貝」と、人気屋台「かじしか」がコラボした新業態のお店です。

■磯貝 末次利行社長「焼くというのをメインにしていたんですけど、ちょっとしゃぶしゃぶしながら食べていただいたりとか」
■須崎屋台かじしか 下村克彦小大将「僕ら小学校・中学校一緒なんですよ。(同級生?)そうです。“博多のおでん、ここにあり”というもの根付かせたい」

そのほかにも、東京・渋谷で人気の生ハムイタリアンや、こだわりの鶏だしで煮込んだ鶏串煮込みのお店など、12店舗が出店。そのうち7店舗が新業態、4店舗が九州初進出です。

東京の注目店や地元福岡の人気店が集まった「天神イナチカ」は、4月29日にオープンします。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE