3年ぶり夏の北海道展“大地の味覚”に注力-60店舗が福岡の百貨店に

3年ぶり夏の北海道展“大地の味覚”に注力-60店舗が福岡の百貨店に

北海道の海の幸や野菜、ご当地グルメを集めた物産展が今月20日から福岡市の百貨店で開かれています。

福岡三越で始まった「夏の北海道物産展」には、自慢の海の幸や牛乳をたっぷり使ったスイーツなどが勢揃いしています。新型コロナの影響で過去2年は夏の開催を見送っていました。3年ぶりに設けた会場には約60の店舗が集まりました。

RKB堤千春「今が旬のアスパラガスです。太さ1センチ以上ありますが、皮も柔らかいんだそうです」

ウクライナ情勢の悪化を受けて海産物の一部が手に入りにくいことを想定し、今回の物産展では“北の大地の味覚”に特に力を入れています。アスパラガスをまるごと1本、ベーコンやチーズとともに竹輪でくるんだ磯辺揚げはこの物産展だけの限定商品です。

来場客「アスパラが一番おいしい季節ですよね。旬のものって体にいいじゃないですか、だから買いたいですね、魅力的」

RKB堤千春「開店直後人気を集めているのは1080円の海鮮弁当です。店側にとっては赤字覚悟ということですが、多くの人が詰めかけています」

食品の値上げが相次ぐ中、手頃な価格で楽しんでもらおうと採算を度外視した弁当は、数量限定のため、初日はわずか1時間ほどで完売しました。

来場客
「お魚がおいしいから、なくならないうちに」
「なかなか行けないからこうやって福岡で開催してもらうと手軽に買えて家族も喜ぶし、行ってみたいなとも思う」

海の幸や旬の野菜、スイーツなど北海道の味覚を集めた物産展は、今月29日まで開かれます。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE