ラグビーチーム「ルリーロ福岡」が地元うきは市と連携協定 地域活性化へ 福岡

福岡県うきは市に誕生したラグビーチームが、市や地元の高校などと連携協定を結びました。

連携協定を結んだのはうきは市、うきは市商工会、浮羽究真館高校、そして今年4月に発足したラグビーチーム「ルリーロ福岡」の4者です。
「ルリーロ福岡」は、うきは市に拠点を置く地域密着型のラグビーチームで、廃部となった社会人チームの選手などで構成されています。

市や商工会は就労面で選手たちをサポートし、チームは社会人リーグやリーグワンを目指しながら、地元の高校生の育成にあたります。4者は、今後も連携しながら地域の活性化や地方創生の取り組みを進めていきます。

日曜劇場『アトムの童』
10月16日(日)よる9時スタート

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE