学生に広がる“就活動画”眉毛の動かし方で印象改善~大学が撮影をサポート

最近の就職活動では、学生たちの自己PRに動画の提出を求める企業が増えています。北九州市の大学で27日午前、動画の撮影方法を学ぶイベントが開かれました。

 

北九州市立大学で開かれた動画の撮影会には、2年と3年の約50人が参加しました。

最近は学生たちに「自己PR動画」の提出を求める企業が増えていることから就活サイトを運営する企業がイベントを開催したものです。

撮影のポイントとして担当者が挙げたのは、▼白の無地の背景を作ること、そして▼顔が明るく見えるための照明です。

さらに▼眉毛を動かしたり口角を上げたりして第一印象を明るく見せるためのコツも伝授しました。

イベントの主催者によりますと就活生の約4割が自己PRで「動画を利用した」もしくは「利用する予定」と答えたということで就活の形も大きく変わってきています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE